ボストン コンサルティング グループの会社概要

ボストン コンサルティング グループの公式サイトトップページ画像

引用:ボストン コンサルティング グループ 公式サイト

ボストン コンサルティング グループ(Boston Consulting Group、BCG)は、1963年にブルース・ヘンダーソンによって設立された世界有数の戦略コンサルティングファームです。アメリカのボストンに本社を置き、現在では世界50カ国以上に90以上のオフィスを展開し、約30,000人のスタッフを擁しています。BCGは、経営戦略、デジタルトランスフォーメーション、サステナビリティ、イノベーションなど多岐にわたるコンサルティングサービスを提供しています。

BCGの日本法人は1966年に設立され、東京、名古屋、大阪、京都、福岡の五都市にオフィスを構えています。日本法人は、日本市場に特化したコンサルティングサービスを提供し、日本企業の経営改革や成長戦略の実行を支援しています。また、グローバルなネットワークを活かし、クライアント企業が国際市場で成功するためのサポートも行っています。

BCGの特徴は、データ駆動型のアプローチと深い業界知識を組み合わせた高品質なコンサルティングサービスです。特に、AIやデータアナリティクスを活用した戦略策定や実行支援に強みを持っています。さらに、BCGは社会的課題の解決にも積極的に取り組んでおり、パブリックセクターやサステナビリティ分野においても多くの実績を有しています。

社名ボストン コンサルティング グループ合同会社
代表秋池 玲子(BCG日本共同代表)
内田 有希昌(BCG日本共同代表)

秋池 玲子 氏プロフィール
キリンビール株式会社、産業再生機構等を経て2006年にBCGに入社。産業再生機構では、支援先の経営者として事業再生に従事。経済同友会などにも参加し副代表幹事も務めている。政府系委員も歴任。

内田 有希昌 氏プロフィール
株式会社三和銀行(現 三菱UFJフィナンシャル・グループ)を経て1998年にBCGに入社。BCGのトランスフォーメーションとターンアラウンドの専門ユニットであるBCG TURNのNortheast Asia Systemのリーダー。
従業員数グローバル:21,000人以上(2023年9月現在)
資本金非公開
売上高110億ドル(2023年9月現在)
株式公開非上場
所在地(日本オフィス)東京オフィス
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー25階

名古屋オフィス
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ36階

大阪オフィス
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー17階

京都オフィス
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88K.I.四条ビル2階

福岡オフィス
福岡県福岡市中央区天神一丁目10番20号 天神ビジネスセンター15階

Digital Ventures Tokyo Office
東京都渋谷区恵比寿4-5-3 ブエナビスタ恵比寿2階
子会社

BCG OMNIA
Data & Software Solutions

BCGヘンダーソン研究所
未来のビジネス&社会を形作るアイデアの開発

BrightHouse
PURPOSE(存在意義)の発掘と浸透

Expand
金融サービス機関の意思決定サポート、インテリジェンス、カスタマイズされたリサーチ

Inverto
調達&サプライチェーン・マネジメント

Centre for Public Impact
政府機関の成果向上を支援する非営利財団

ボストン コンサルティング グループの年収

ボストン コンサルティング グループ(BCG)の平均年収は、Talent Squareの調査によると1,928万円です[24]。年齢別に見ると、25歳から29歳は1,104万円、30歳から34歳は1,218万円、35歳から39歳は1,036万円となっています[24]。職種別では、営業が1,750万円、企画・管理・経営が1,063万円、専門サービスが983万円、ITエンジニアが1,100万円、その他が1,000万円、専門職が2,044万円と報告されています[24]

区分年収(万円)
25歳から29歳1,104
30歳から34歳1,218
35歳から39歳1,036

BCGの給与構造は、基本給とボーナスに基づいた成果主義であり[23]、業界平均を上回る水準です[23]。また、各ポジションの年収は以下の通りです:アソシエイトは700万円から750万円、シニアアソシエイトは800万円から950万円、コンサルタントは1,500万円、プロジェクトリーダーは2,000万円から2,500万円、プリンシパルは2,500万円から3,000万円、パートナーは5,000万円以上です[70]

役職年収(万円)
アソシエイト700-750
シニアアソシエイト800-950
コンサルタント1,500
プロジェクトリーダー2,000-2,500
プリンシパル2,500-3,000
パートナー5,000以上

BCGは多くの専門家を擁し、高い給与で知られています[70]。年収は業界内で非常に競争力があり、アルムナイネットワークも非常に評価されており、キャリア開発と機会に大きな利益を提供しています[69][70]

ボストン コンサルティング グループの評判・口コミ

ボストン コンサルティング グループに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

噂の通り、仕事量はむちゃくちゃハード。終電間に合うところかそもそも電車なんか乗ったことありませんでした。少なくとも自分がいた頃は、自分で限度を決めて仕事をしないとどんどん人が倒れていく環境ではありました。一方で能力があれば学ぶ事は非常に多く、退職後も困る事は無いので覚悟の上であれば非常に良いと思います。真面目に言われたことを全部やるのではなく、ある程度自分で要領よく仕事をする能力は必要だと思います。真面目に言われたことを全てやってしまうと、際限なく仕事が降ってくるので真面目な人から倒れていくような印象はあります。もちろん、上にいる人たちは、そういった環境を生き残った人たちですので、基本的に超ハードワーカーです。 会社は数年で全員入れ替わるような環境ではあります。今回聞くところによると、リモートワークも進み、クライアントミーティングもリモートで進むことが多くなり、かなりホワイトになったとは聞きます。 とはいえ、新卒3年目で15,000,000もらえる会社なんてなかなかないので、入れるなら入っておけば、その後のキャリア含め損はないと思います。

ま、お大人なので自分の体は自分で守ってください。

(ボストン コンサルティング グループのopenworkより)

強み: 圧倒的なクライアントファーストな文化。顧客を第一優先に考えた働き方、マインドセットがBCG Japanの文化を醸成している。

弱み: ワークライフバランスが残念。そもそもコンサル志望者でワークライフバランスを求めている人材は少ないとは思われるが、時代を逆行している感は否めない。ただし、ほとんどの社員は定年まで勤めあげることを考えておらず、短期のキャリアアップを志向している人が多い印象。

事業展望: デジタル領域に注力されており、今後もデジタルコンサルに注力していくと思われる。

(ボストン コンサルティング グループのopenworkより)

元々、キャリアアップのために転職したので、パートナーになるという考えはなかったものの、本質的には、マネージャークラスが楽しく仕事をしていないと言うのが大きい。いわゆる、死んだ目をしていると言う状態の人が多い。給与水準も高く、転職もできずで情性で在籍している様子を見ると、危機感を感じた。退職し採用する側になって感じるのは、コンサルのプロジェクトリーダーになると、特段抜けたスキルがない中で、採用する食指が伸びない。

(ボストン コンサルティング グループのopenworkより)

働きがい: 大企業の経営計画にも関与できることと、優秀なメンバーと一緒に働けることが働きがいだと思います。

成長・キャリア開発: 特に新卒にとってはかなり貴重な経験ができ、成長できるチャンスがあると思っています。新卒が優秀であるからこそであるかもしれませんが、入社してからすぐのプロジェクトでも、施策を任され自分で進めていくことが求められるため、非常に厳しい日々にはなりますが、この環境で数年を過ごすことで、事業会社の三倍は成長できると思います。

(ボストン コンサルティング グループのopenworkより)

入社を決めた理由: コンサルティングを通してイノベーションの浸透を促進する

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: ビジネススキルなどおまけの部分は全て思い通りだったが、肝心のイノベーションに携わるという部分ではギャップがあった。 やはり真新しい思い切ったことはコンサルティングを通しては起こせない。どうしても無難な案に落ち着くし、真新しいことは取り入れられない。研究に近い部分などリサーチするケイパもないので、アドバイスもありきたり。

(ボストン コンサルティング グループのopenworkより)

ボストン コンサルティング グループの求人情報

ボストン コンサルティング グループの採用サイトトップページ画像

引用:ボストン コンサルティング グループ 採用サイト

募集中の職種
  • コンサルタント、フルタイム、日本_中途MBA

    コンサルティングチームの一員として、トップクラスの知識人と共にビジネス、政府、社会の変革に取り組み、多様な視点からスキルを習得します。

  • 詳細はこちら

  • プロダクトマネージャー

    プロダクトマネジャーは、新規事業の企画から開発、ローンチ、成長まで全工程を統括します。ユーザー調査や市場調査を基にプロダクトビジョンを策定し、デザイナーやエンジニアと協力して開発を進行。ローンチ後はユーザーフィードバックを基に製品を改善し、運用を管理します。

  • 詳細はこちら

  • グローバル多様性平等&インクルージョン シニアコーディネーター

    BCGでは、DEI推進のため、根本原因と証拠に基づくソリューションを設計し実行します。文化への適応、優れたコミュニケーション力、分析スキル、組織スキルが求められます。大規模なDEIプロジェクトの管理や多様なチームとの協力も必要です。

  • 詳細はこちら

  • アソシエイトデザイナー

    クリエイティブなビジュアルソリューションの作成支援、デジタルおよび印刷対応のアートワーク制作、ビジネスアイデアの視覚化、チームコラボレーションが得意な方を募集します。

  • 詳細はこちら

  • ベンチャーアーキテクト

    クリエイティブなビジュアルソリューションの作成支援、デジタルおよび印刷対応のアートワーク制作、ビジネスアイデアの視覚化、チームコラボレーションが得意な方を募集します。

  • 詳細はこちら

ボストン コンサルティング グループの選考プロセス

ボストン コンサルティング グループの選考プロセスは以下の通りです。まず、公式サイトからオンライン応募を行い、提出された履歴書と職務経歴書を基に書類選考が行われます。次に、問題解決能力や数的推論力を評価するBCG Potential Testを受けます。一次面接ではスキルや経験が評価され、問題解決面接ではケーススタディ形式で分析力が試されます。二次面接では上級管理職がさらに深い専門知識を評価し、最終面接で企業文化への適合性が判断されます。最終的に合格者には内定が出され、雇用条件の交渉が行われます。

ボストン コンサルティング グループ 選考プロセス
  1. オンライン応募: 公式サイトから希望するポジションに応募します。
  2. 書類選考: 提出された履歴書と職務経歴書を基に初期選考が行われます。ここでは応募者のスキルや経験が評価されます。
  3. オンラインテスト(BCG Potential Test): オンラインで行われる適性検査です。問題解決能力や数的推論力を評価します。テストは45分間で23問の選択式問題から構成され、GMATやGREに似た形式です。
  4. スキル面接:応募者のスキルと経験に基づき、応募ポジションとの適合性が評価されます。
  5. 問題解決面接:ケーススタディ形式で行われ、応募者の問題解決能力や分析力が評価されます。クライアントのビジネス問題に対する解決策を考えます。
  6. 二次面接: 上級管理職との面接が行われ、さらに深い専門知識や業務適性が評価されます。
  7. 最終面接: 最高位のマネージャーやエグゼクティブとの面接が行われ、企業文化への適合性や長期的なキャリアビジョンが評価されます。
  8. オファー: 面接を通過した候補者には内定が出され、雇用条件の交渉が行われます。

ボストン コンサルティング グループの福利厚生

Zボストン コンサルティング グループは、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険を完備しており、社員の健康と安心を支えています。また、長期的な雇用を支援する退職金制度を設けています。さらに、年末年始休暇、年次有給休暇、夏季休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、育児休暇などの特別休暇を提供し、社員のワークライフバランスをサポートしています。

ボストン コンサルティング グループ福利厚生
  • 社会保険完備

    健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険を完備しています。

  • 退職金制度:

    長期的な雇用を支援するため、退職金制度を設けています。

  • 休暇制度

    年末年始休暇、年次有給休暇、夏季休暇、慶弔休暇、その他特別休暇(産前・産後休暇、育児休暇等)を用意し、社員のワークライフバランスをサポートしています。

ボストン コンサルティング グループのまとめ

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、その創立以来、経営コンサルティングの分野で革新的なアプローチと包括的なサポートを提供し続けています。多岐に渡るサービスと専門知識を活用することで、幅広い業界にわたるクライアント企業の成長と発展を支えてきた点は特筆に値します。このようなBCGの取り組みは、企業が直面する複雑な課題を解決し、長期的な価値を創出する上で不可欠なものであることを示しています。

今後、BCGは持続可能な発展、デジタル変革、人材の多様性と包括性の向上に注力することで、さらなる成長を遂げることが期待されます。そして、BCGが提供するトレーニングとキャリア開発支援は、従業員がそのポテンシャルを最大限に発揮し、個人としてもプロフェッショナルとしても成長するための強固な基盤となっています。これらの要素が組み合わさることで、BCGは今後も業界のリーダーとしての地位を保ち、新たな価値を創造していくでしょう。

FAQs

Q1: ボストンコンサルティンググループはどのような人材を求めていますか?

A1: ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、以下の特徴を持つ人材を求めています。

  • 知的で聡明な人
  • 対人関係が良好な人
  • 成長意欲が高い人
    また、社員とのディスカッションやチームへの貢献度が評価の重要な要素となります。個人面接は基本的なケース問題の繰り返し練習が重要です。

Q2: BCGの中途採用の選考プロセスについて教えてください。

A2: BCGの中途採用では、まず書類審査が行われ、次にオンラインでの適性試験があります。その後、約3回の面接が実施されます。経歴によってはオンライン試験が免除されることもあります。面接は1対1で行われ、ビジネス課題に対する解決策を提案しディスカッションを行います。

参考文献   

[1] – https://assign-inc.com/media/2023/09/29/consulting-career-bcg-mid-career-recruitment/
[2] – https://www.bcg.com/ja-jp/about/overview
[3] – https://www.bcg.com/ja-jp/
[4] – https://www.careerinq.com/jobinfo/company.shtml?Id=10237
[5] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bcg/description.html
[6] – https://www.bcg.com/ja-jp/offices/japan-welcome
[7] – https://typeshukatsu.jp/company/1093/
[8] – https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97
[9] – https://gaishishukatsu.com/archives/212175
[10] – https://careers.bcg.com/locations/japan
[11] – https://doda.jp/DodaFront/View/CompanyJobs/j_id__00009550191/
[12] – https://doda.jp/DodaFront/View/Company/j_id__00009550191/
[13] – https://factlogic.jp/selection-of-bcg/
[14] – https://en-hyouban.com/company/00009550191/17/
[15] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bcg/history.html
[16] – https://www.bcg.com/ja-jp/about/our-history/default
[17] – https://jp.indeed.com/q-%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E6%B1%82%E4%BA%BA.html
[18] – https://careers.bcg.com/locations/japan/experienced
[19] – https://www.executive-link.co.jp/industry/strategy/249/
[20] – https://fortna.co.jp/20200615_bcg/
[21] – https://www.bcg.com/ja-jp/capabilities/business-transformation/overview
[22] – https://jprocareer.co.jp/consulting/boston-consulting-group-annual-income/
[23] – https://talentsquare.co.jp/career/bcg-salary/
[24] – https://izul.co.jp/media/tips-for-changing-jobs/boston-consulting-group/
[25] – https://careers.bcg.com/locations/japan/interview-resources
[26] – https://abuild-c.com/highcareer-shukatsu/bcg/