ベイカレント・コンサルティングの会社概要

ベイカレント・コンサルティングの公式サイトトップページ画像

引用:ベイカレント・コンサルティングの公式サイト

株式会社ベイカレント・コンサルティング(BayCurrent Consulting, Inc.)は、1998年に設立され、日本を拠点とする総合コンサルティングファームです。会社の本社は東京都港区麻布台にあり、代表取締役社長は阿部義之氏が務めています。2024年2月期の売上高は939億円で、従業員数は4,761名(2024年4月時点)です。

ベイカレント・コンサルティングは、戦略立案から業務改善、ITソリューションの提供まで、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。同社の強みは、戦略から実行まで一貫した支援を行う体制にあり、特にデジタルトランスフォーメーション(DX)の分野で高い評価を得ています。クライアント企業の業績向上を目的としたDX戦略の策定やAI、IoTの実装、デジタルマーケティング、オペレーション改革など、多岐にわたるサービスを提供しています。

また、ベイカレント・コンサルティングは、営業とコンサルタントの分業制を採用しており、コンサルタントはプロジェクトに専念できる環境を整えています。これにより、高い稼働率とクオリティの高いサービス提供が実現されています。さらに、価格競争力の高さも同社の特徴であり、外資系コンサルティングファームと比較してコストを抑えたサービスを提供しています。

社名株式会社ベイカレント・コンサルティング
URLhttp://www.baycurrent.co.jp
設立1998年3月25日
代表代表取締役社長 阿部 義之
資本金282百万円
売上高576億円(2022年2月期)
従業員従業員 2,884名(2022年4月時点)
所在地東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー9階
沿革2014年8月本社を東京都港区に移転2016年9月東京証券取引所マザーズに株式を上場2018年12月東京証券取引所市場第一部への上場市場変更2022年4月東証プライム市場へ移行
その他2020年4月 国連グローバルコンパクト加盟
2020年5月 日本ディープラーニング協会加盟
2022年3月 健康経営優良法人(ホワイト500)2022認定
2022年4月 メタバース推進協議会 正規一般会員
2022年8月 フォーブスアジア「Best Under A Billion」選出
2022年8月 日本ブロックチェーン協会 賛助会員
2022年9月 子育てサポート企業 くるみん2021の認定
2022年9月 XRコンソーシアム 法人会員

ベイカレント・コンサルティングのキャリアパス

キャリアステップの概要

ベイカレント・コンサルティングでは、個々人の適性や考え方に応じた段階的なキャリア形成をサポートしています。社員はまずアナリストとしてキャリアをスタートさせ、次にコンサルタント、シニアコンサルタントへとステップアップしていきます。この過程で、徐々に難易度の高い役割を担い、専門性を磨いていきます。

各キャリアステップの詳細

ベイカレント・コンサルティングのキャリアパスは、アナリストから始まります。アナリストはデータ分析や業務プロセス改善の基礎的な業務を担当し、課題解決のための基本的なスキルを習得します。次にコンサルタントとしてステップアップすると、より広範な業務プロセスの改善を担当し、課題の見極めや解決策の提示、複数のタスク管理が求められます。さらにシニアコンサルタントになると、チームリーダーとして業務領域の変革を推進し、プロジェクト全体を指導するリーダーシップが重要です。

ベイカレント・コンサルティング 各キャリアステップの詳細
  • アナリスト

    アナリストは、業務プロセス改善のための基礎的な業務を担当します。データ分析や課題解決のための基本的なスキルを習得し、自分の作業を効率的にコントロールする力が求められます。

  • コンサルタント

    コンサルタントとしてステップアップすると、業務領域の担当者として、より広範な業務プロセスの改善を行います。課題を見極めて解決策を提示し、複数のタスクを効果的に管理する能力が重要となります。

  • シニアコンサルタント

    シニアコンサルタントは、チームリーダーとして業務領域の変革を実現します。プロジェクト全体の目的に沿った業務の流れを構築し、チームの成果を取りまとめるリーダーシップが求められます。

上位ステップへの道

ベイカレント・コンサルティングでは、マネージャーがプロジェクトリーダーとして組織の変革を推進します。変革の目標を設定し、チームを導く強力なリーダーシップが求められます。一方、エキスパートは特定分野での高度な専門知識を活かし、複雑な問題に対する解決策を提供します。業界全体への影響力を発揮し、知識を共有する役割も担っています。このように、各職位で求められるスキルと役割が明確に定義されています。

  • マネージャー

    マネージャーは、プロジェクトリーダーとして組織の変革を推進します。変革の目標を設定し、チームを導くための強力なリーダーシップが必要です。

  • エキスパート

    エキスパートは、特定の分野における高度な専門知識を持ち、複雑な問題に対する解決策を提供します。業界全体への影響力を発揮し、知識を共有する役割を担います。

ベイカレント・コンサルティングの公式サイトキャリアパス画像

引用:ベイカレント・コンサルティング 公式サイト キャリアパス

キャリアパス まとめ

ベイカレント・コンサルティングのキャリアパスは、社員が自分の適性や考え方に応じて段階的にキャリアを築き、専門性を高めるための仕組みが整っています。アナリストから始まり、コンサルタント、シニアコンサルタント、そしてマネージャーやエキスパートへと進むことで、個々の強みを活かしながら成長できる環境を提供しています。

ベイカレント・コンサルティングの年収

ベイカレント・コンサルティングでは、職位に応じた多様な年収が設定されています。アナリストの年収は450万円から600万円、コンサルタントやシニアコンサルタントは600万円から1200万円、そしてマネージャーやシニアマネージャーは1200万円以上となっており、これにはボーナスが含まれます2。また、新卒コンサルタントの予想年収は600万円で、これには年2回のボーナスが含まれます8

職位年収範囲(万円)
アナリスト450から600
コンサルタント/シニアコンサルタント600から1200
マネージャー/シニアマネージャー1200以上

平均年収と企業収益

ベイカレント・コンサルティングの全従業員の平均年収は935万円ですが、これは91名の正社員からの回答に基づいています6。また、2023年の平均年収は1118万円と過去5年間で最高を更新しました7。同社の総収益は約1118億円で、前年度比32.0%の増加を達成しています57

職種別平均年収

ベイカレント・コンサルティングでは、職種によっても年収が異なります。IT関連職の平均年収は799万円、専門職(コンサルタント、金融、不動産専門家)は1020万円、事務・管理職は421万円、営業職は412万円、クリエイティブ職は396万円、サービス関連職は362万円となっています6

性別と年齢による年収差

ベイカレント・コンサルティングでは、男性従業員の平均年収は935万円、女性従業員は平均56万円となっています6。また、30歳の従業員の平均年収は1058万円であり、コンサルティング業界内で高い年収を誇っています

ベイカレント・コンサルティングの評判・口コミ

ベイカレント・コンサルティングに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

ワークライフバランスは、配属されるプロジェクトに大きく影響されるため、一概に言えません。しかし、会社の方針として残業を抑制しようとする姿勢が強く感じられるため、ハードな働き方を求められるプロジェクトは少ないのではないかと考えています。 残業時間の上限は月45時間の制約があり、それ以上残業したい場合はアカウント担当に承認を貰う必要があり、特別な事情がない限りは45時間以上残業しないように制限がかかります。

また、有給についてもプロジェクト次第であるため、プロジェクト参画中は業務状況次第です。客先が積極的に休みを取るような環境であれば比較的取得しやすいですが、クライアントは高いコンサル費を払っていることもあり長期休暇は難しいです。そのため、お盆や正月などの長期休暇に絡めて取得することが多いです。

(ベイカレント・コンサルティングのopenworkより)

働きがい: ■働きがい 他社と比較して給与を多く貰っている社員が多いようなので、給与が働きがいになる事があります。業務内容としても社会に貢献出来るプロジェクトにアサインされれば、やりがいや働きがいに繋がります。どのようなプロジェクトであろうとも、目的を持って日々自己研鑽していれば、働きがいに繋がるのではないかとかんがえています。

■成長 成長については自分次第。どんなにプロジェクトや上司に恵まれたとしても、どれだけ自己研鑽に取り組めるかにかかっている。

(ベイカレント・コンサルティングのopenworkより)

入社を決めた理由: コンサルタントが1つの部署に所属するワンプール制をとっており、業界や領域に縛られない幅広な経験を若いうちから積むことができると思ったため

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 案件アサインの度に面談があり、どうしても今までの経験を重視した選考になるため大きく違う領域の案件に入ることは困難。また近年の大量採用の結果、コンサルタント数が急増し、それに見合う案件を獲得できていないため、実力がないとアサインされること自体困難になりつつある。

(ベイカレント・コンサルティングのopenworkより)

当時は若干ベンチャー気質でドンドン売上伸ばすこと、保守案件、開発案件なくして、業界案件や戦略案件に行きたいギラギラした人が多かった。 JTCのようなまともな優しい上司はほぼ皆無。年収上げることだけ考えている層が多い。 十分なスキル/ノウハウなくIT経験がない、小売の販売員がPMOのクライアントサイドに入って常駐させられたり、とにかく人が足りないのと本当にそんな採配して良いのか度肝を抜かれることが多い。 ただ全体的にメンバー全員優秀で向上心が高い人ばかりなのでマネージャーサイドはメンタル面の心配よりもついて行かなきゃ辞めるってスタイルが多い。 体力と気力とモチベーションがないと長くは続かない会社だと思う。

(ベイカレント・コンサルティングのopenworkより)

コンサルとして何をビジョンに掲げ、何を大切にするのか明確にして欲しい。 IT案件、PMO案件を重視して規模を大きくしたいのであればその方針を謳い採用・営業をすればいいと思う。 そうではなく、いわゆる企画・戦略などコンサルのど真ん中としてもバリューを出し一つ上のレイヤーで戦うのであれば、それができる人材が離れていかないような評価・育成体系も必要だと思う。 最近は、セールスファーストの色が強く、問題解決力ではなく営業力を追い求めているように感じる。 株主のため、売上・利益を求めることは間違いってはいないが、そのアプローチが迷走している感が強い。

(ベイカレント・コンサルティングのopenworkより)

ベイカレント・コンサルティングの求人情報

ベイカレント・コンサルティングの中途採用サイトトップページ画像

引用:ベイカレント・コンサルティング 中途採用サイト

募集中の職種
  • <コンサルタント>
  • 応募資格: 4年制大学以上を卒業後、社会人経験3年以上の方
  • 就業場所: 東京本社(麻布台)
  • 就業時間: 専門業務型裁量労働制
  • 詳細はこちら

ベイカレント・コンサルティングの選考プロセス

ベイカレント・コンサルティングの採用プロセスは、次のステップで構成されています。まず、応募者は書類選考を受け、提出された書類に基づいて初期のスクリーニングが行われます。次に、応募者の能力を評価するための試験が実施されます。この試験を通過した応募者は、面接プロセスに進みます。面接は最大で三回行われ、初期スクリーニングを通過した応募者が対象となります。このプロセスにより、ベイカレント・コンサルティングは優秀な人材を選び抜きます。

ベイカレント・コンサルティング 選考プロセス
  1. 書類選考:応募者は提出された書類に基づいて初期のスクリーニングを受けます。
  2. 能力試験:応募者は、その能力を評価するための試験を受けることが求められます。
  3. 面接プロセス:初期スクリーニングを通過した応募者は、面接に参加します。このプロセスには最大で三回の面接が含まれることがあります。

この詳細な選考プロセスを通じて、ベイカレント・コンサルティングは候補者の専門知識と適性を正確に評価し、企業文化に合った人材を選出します。

ベイカレント・コンサルティングの福利厚生

ベイカレント・コンサルティングでは、社員の資産形成を支援するための社員持株会制度を提供しています。全ての社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)を完備しており、自社の健康保険組合を設立して社員の健康を手厚くサポート。毎年の健康診断および人間ドックも会社負担で受診できます。また、カフェテリアプランを通じて医薬品やスポーツクラブの利用など多様な選択肢を提供し、ベビーシッター費用補助制度や企業主導型保育園で育児支援も充実しています。さらに、全社パーティーを定期的に開催し、社員同士の交流を促進しています。

ベイカレント・コンサルティング 福利厚生
  • 社員持株会

    社員が自社株を購入できる制度を提供し、資産形成を支援します。

  • 各種社会保険完備

    健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険など、全ての社会保険を完備しています。

  • 自社健康保険組合

    社員の健康を守るため、自社の健康保険組合を設立し、手厚いサポートを提供しています。

  • 健康診断・人間ドック

    毎年の健康診断および人間ドックを会社負担で受診できます。

  • カフェテリアプラン

    社員が自由に選択して利用できるカフェテリアプランを提供しており、医薬品や健康関連用品の購入、スポーツクラブ、旅行などに利用できます。

  • ベビーシッター費用補助制度

    ベビーシッターの利用費用を補助する制度を設け、育児をサポートします。

  • 企業主導型保育園

    社員が安心して働けるように、企業主導型の保育園を運営し、子育てを支援しています。

  • 全社パーティー

    社員同士の交流を深めるために、全社パーティーを定期的に開催しています。

FAQs

ベイカレント・コンサルティングでの中途採用人数はどのくらいですか?

ベイカレント・コンサルティングでは、毎年約500人が新たに加わり、2023年2月期には1,000人が増員されました。新卒の採用は年間100-150人程度ですが、中途採用は約400人以上が採用されています。

ベイカレント・コンサルティングはなぜ人気があるのですか?

ベイカレント・コンサルティングは、年収の高さ、成長の機会の多さ、及びその後のキャリアパスの広がりから、転職市場で非常に人気があります。

参考文献   

[1] – https://assign-inc.com/media/2022/12/15/post-15358/
[2] – https://www.antelope.co.jp/navigation/consul/special/baycurrent/
[3] – https://www.onecareer.jp/companies/96/selection_steps
[4] – https://doda.jp/DodaFront/View/CompanyJobs/j_id__10148338834/
[5] – https://talentsquare.co.jp/career/baycurrent-salary/
[6] – https://en-hyouban.com/company/10200093404/salary/
[7] – https://remedy-tokyo.co.jp/media/2085
[8] – https://www.baycurrent.co.jp/careers/joinus/newgraduate/
[9] – https://assign-inc.com/media/2023/07/04/post-17479/
[10] – https://www.baycurrent.co.jp/careers/growingenvironment/