KPMGコンサルティングの会社概要

KPMGコンサルティングの公式サイトトップページ画像

出典:KPMGコンサルティングの公式サイト

KPMGコンサルティング株式会社(KPMG Consulting Co., Ltd.)は、KPMGインターナショナルの日本法人として、2014年に設立されました。本社は東京都千代田区大手町にあり、大阪、名古屋、福岡にもオフィスを展開しています。代表取締役社長兼CEOは宮原正弘氏で、従業員数は1,795名(2023年7月1日現在)です。

KPMGコンサルティングは、企業の成長や変革を支援するために、マネジメントコンサルティングとリスクコンサルティングの2つの主要なサービスラインを提供しています。マネジメントコンサルティングでは、戦略立案から業務プロセス改善、ITシステム導入まで、一貫したサポートを行っています。一方、リスクコンサルティングでは、リスクマネジメント、内部統制構築、内部監査支援、サイバーセキュリティ対応など、企業のリスク管理を強化するサービスを提供しています。

KPMGコンサルティングは、最新のテクノロジーを活用したソリューションを提供することで、クライアントのビジネス変革を推進しています。具体的には、AI、IoT、ブロックチェーン、RPA、VR、ARなどの先端技術を用いたコンサルティングを行っています。さらに、KPMGジャパンの「KPMGイグニション東京」と連携し、ソリューションの開発やデモンストレーションを実施しています。

KPMGは、グローバルに展開するプロフェッショナルファームの一員として、143の国と地域に約273,000名のプロフェッショナルを擁し、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野でサービスを提供しています。KPMGのグローバルネットワークを活かし、クライアント企業に対して総合的なコンサルティングサービスを提供することを目指しています。

社名株式会社 KPMGコンサルティング
URLhttps://home.kpmg.com/jp/ja/home.html
設立2014年7月
代表宮原 正弘
従業員数1,795名(2023年7月1日現在)
所在地東京都千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
拠点大阪事務所:大阪市中央区北浜3丁目5番29号 日本生命淀屋橋ビル 25階
名古屋事務所:名古屋市中村区名駅3丁目28番12号 大名古屋ビルヂング26階
出典:KPMGコンサルティングの公式サイト、公開情報より作成

KPMGコンサルティングのキャリアパス

出典:KPMGコンサルティングの公式サイトキャリアパス

キャリアステップの概要

KPMGコンサルティングでは、コンサルタントの職層(役職)を8つのクラスに分類しています。これらのクラスは、パートナー、プリンシパル、アソシエイトパートナー、シニアマネジャー、マネジャー、シニアコンサルタント、コンサルタント、ビジネスアナリスト、の8段階で構成されています。新卒入社の場合はビジネスアナリストからスタートし、中途入社の場合はスキルや経験に応じた職層に配属されます。各クラスには明確な役割と評価軸が設定されており、業務指針として活用されています。

出典:KPMGコンサルティングの公式サイト キャリアパス

各クラスの詳細

KPMGコンサルティングの各クラスの役割について説明します。ビジネスアナリストは、新卒入社の場合のスタート地点であり、研修と業務を通じて基礎的なスキルを習得します。コンサルタントはプロジェクトの特定テーマを担当し、クライアントとの窓口となります。シニアコンサルタントは、プロジェクト全体をリードし、クライアント対応も行います。マネジャーはプロジェクトの現場責任者としてチームを指導し、シニアマネジャーは大規模プロジェクトを担当します。プリンシパル、アソシエイトパートナー、パートナーは、戦略的案件の創出やファーム運営、事業拡大に重要な役割を果たします。

KPMGコンサルティング 各クラスの詳細
  • ビジネスアナリスト

    ビジネスアナリストは、新卒入社の場合のスタート地点です。研修と業務を通じて基礎的なスキル・能力を身につけます。具体的には、調査・分析・資料作成などを担当し、上位職のサポートを受けながらコンサルタントとしての基礎力を養います。

  • コンサルタント

    コンサルタントは、プロジェクトにおいて特定のテーマや領域を担当し、業務遂行の中心的な役割を担います。クライアント担当者との窓口となり、プロジェクトの実行において重要な役割を果たします。

  • シニアコンサルタント

    シニアコンサルタントは、コンサルタントとして十分なスキルと経験を積んだ後にステップアップします。プロジェクト全体の業務遂行の中心的な役割を担い、クライアント担当者とのやり取りも引き続き担当します。

  • マネジャー

    マネジャーは、プロジェクトの現場責任者として、クライアントも含めたプロジェクトチームをリードします。社内のプロジェクトメンバーのマネジメントやクライアントの経営層との関係構築も任され、パートナー、アソシエイトパートナー、プリンシパル、シニアマネジャーをサポートします。

  • シニアマネジャー

    シニアマネジャーは、大規模プロジェクトや難易度の高いプロジェクトの現場責任者を務めます。プロジェクトの継続・拡大や新規提案の機会を創出し、ファーム運営や事業拡大にも携わります。パートナーやアソシエイトパートナー、プリンシパルをサポートします。

  • プリンシパル

    プリンシパルは、市場における競争優位を確立する卓越した知見を持ち、戦略的重要性の高い案件を創出・遂行します。会社の中長期的な成長を牽引し、ブランド力やプレゼンスを向上させる役割を担います。

  • アソシエイトパートナー

    アソシエイトパートナーは、プロジェクトおよびアカウントマネジメントの総責任者としての役割を担います。

  • パートナー

    パートナーは、ファーム運営や事業拡大に責任を持ちます。各部門や専門チームの責任者として事業運営を統括し、プロジェクトおよびアカウントマネジメントの総責任者としての役割を果たします。

キャリアパス まとめ

KPMGコンサルティングのキャリアパスは、段階的に専門性とリーダーシップを磨くための明確な道筋を提供しています。ビジネスアナリストからパートナーまで、各クラスで求められる役割とスキルは明確に定義されており、社員一人ひとりの成長をサポートする仕組みが整っています。このキャリアパスを通じて、社員は自己の成長とともにクライアントに対して高い価値を提供し続けることができます。

KPMGコンサルティングの年収

KPMGコンサルティングでは、従業員の年収は様々な要因により影響を受けますが、一般的には国内平均年収458万円を大きく上回る水準です21。具体的な年収の範囲は、役職や経験、スキルに応じて大きく異なります。

年収例(公式求人の一部例:24年6月時点)

年齢平均年収(万円)
ビジネスアナリスト年収521万円~(固定残業手当(50時間相当分)を含む)、賞与別途
コンサルタント年収595万円~(基本給。シニアコンサルタント以下は固定残業手当(50時間相当分)を含む)、賞与別途
マネジャー年収1040万円~、賞与別途
シニアマネジャー・マネジャー            応相談:現職給与を踏まえ、選考を通じて個別調整、賞与別途
アソシエイトパートナー応相談:現職給与を踏まえ、選考を通じて個別調整、賞与別途
出典:KPMGコンサルティングの公式サイト 中途採用情報

職種別年収範囲(24年6月時点)

役職年収
コンサルタント508万円-2,200万円
マネージャー900万円-1,600万円
出典:Openwork 

KPMGコンサルティングは、労働基準法や高年齢者の雇用の安定に関する法律、労働者派遣法、パートタイム、有期労働者の均等・均衡待遇の確保等に関する法律を遵守しています10

KPMGコンサルティングの評判・口コミ

KPMGコンサルティングに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

働きがい:コンサルという短距離走を走るキャリアパスで踏ん張りつづけることによる、自分自身の圧倒的な成長を目指して働いている。3か月ごとに違うプロジェクトにアサインされ、いずれにおいても新たな勉強が求められるため、力は順調についていると思う。

成長・キャリア開発:複雑で抽象度の高い課題に対して、自分なりに筋道を立てて解決策を考え、必要な情報を収集し、資料にまとめる力がついている。今後のキャリアにおいて、どんな仕事に就くとしても役立つものだと思う。

(KPMGコンサルティングのopenworkより)

退職時点では、育児休暇などをとりながら働いている女性は多くはありませんでしたが、数名いた印象です。

マネージャー以上になると自分自身でプロジェクトの初期設計や管理を行うため、裁量度合いは大きくなり育児とのバランスは取りやすくなるかと思います。

スタッフのうちは無理に設計された案件をデリバリーする可能性もあり、業務負荷をコントロールしにくい印象はありました。
ただし、業務直属の上司に加えて、斜めのメンターや人事などの相談環境は用意されているので、具体的な困り事は相談できるかと思います。

(KPMGコンサルティングのopenworkより)

入社を決めた理由:人数が少ない、新卒を大事に育てる社風、クライアントファーストで物事を考え提案できる点、などが理由。Why コンサルという意味では、選考でのグループディスカッションがとても楽しく、自ら考えそれを主張できることに面白さを感じたから。

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:妥当性は一定あったと認識している。
認識しておくべきこととしては、人材の質が低いということ。特に中途入社の社員に関しては、自分より仕事ができないのに給料が高かったり、役職が上だったりすることもしばしばある。
新卒に関しては年々ボトム層のレベルが落ちていると噂になっている。

(KPMGコンサルティングのopenworkより)
  • 他の競合外資系コンサルティングに比べて、社風や社員は穏やかと思う。一方で、規模も大きくなく、またBig4としても新しい会社である立ち位置をポジティブに生かし、もう少しアグレッシブさを尊重することも期待したいところです。
  • 在宅やリモートワーク、Office勤務といった働き方も自由であることはいいことですが、闘達なチームとして組織づくりには、今のようなフリーアドレスで個人単位で働くことを前提としたOfficeレイアウトは向かないことがあります。ある程度「島」を考えたレイアウトも考慮いただきたいです。
(KPMGコンサルティングのopenworkより)

KPMGコンサルティングの求人情報

KPMGコンサルティングの中途採用サイトトップページ画像

出典:KPMGコンサルティングの中途採用サイト

募集中の職種(24年6月時点)
  • Enterprise Solutions (SAP) SAPアプリケーションコンサルタント

    ES-SAP部門は多様なキャリア経験を持つメンバーが集まり、KPMGの他部門やエンティティと協業し、SAPを活用した業務改革を支援します。

  • 詳細はこちら

  • 金融業界向けコンサルタント

    金融機関向けコンサルティング案件で、現状分析、課題特定、改善施策立案を担当します。1年間の研修プログラムあり。

  • 詳細はこちら

  • 製造セクター(営業マネジャー)

    東京オフィス所属営業マネジャーとして、B to B企業向けに課題解決アドバイザリーを提供し、関西製造業界のクライアントとのリレーション確立やコンサルティング機会の発掘を担当します。

  • 詳細はこちら

  • CIO Advisory(CIOA)

    CIOサービスでIT戦略策定から推進を行い、最新技術と既存環境の調和を図り、企業の変革と成長を支援します。グローバル事案にも対応。

  • 詳細はこちら

  • ヘルスケア領域 コンサルタント

    Life Sciences & Healthcareチームは、デジタル技術と医療データを活用し、民間企業、病院、自治体のスマートヘルス事業創出をend-to-endで支援します。

  • 詳細はこちら

KPMGコンサルティングの選考プロセス

KPMGコンサルティングの採用プロセスは、段階的に進行します。まず、応募者はエントリーシート(ES)に自己PRや志望動機を記入します。次に、ウェブテストで言語能力や論理的思考力を評価します。第一次面接では応募者の経験やスキルに関する質問が行われ、第二次面接ではさらに深い職務経験や専門知識に関する質問がされます。インターンシップを通じて実際の業務を体験し、相互の適合性を確認します。続いて、第三次面接で総合的な評価が行われ、最終的に人事面接で人事部門によるチェックが行われます。合格者には職務オファーが提示されます。

KPMGコンサルティング 選考プロセス
  1. エントリーシート (ES):応募者は自己PRや志望動機を記入します。
  2. ウェブテスト:言語能力や論理的思考力を評価するテストが行われます。
  3. 第一次面接:応募者の経験やスキルに関する質問が中心です。
  4. 第二次面接:より深い職務経験や専門知識に関する質問が行われます。
  5. インターンシップ:実際の業務を体験し、相互の適合性を確認します。
  6. 第三次面接:総合的な評価を行い、応募者のポテンシャルを見極めます。
  7. 人事面接:人事部門による最終チェックが行われます。
  8. オファー:合格者に対して職務オファーが提示されます。

採用イベントと資料

KPMGコンサルティングでは、KPMGコンサルタントアカデミー、オフィスツアー、セミナー、ワークショップ、ウェビナー、オンラインイベントなど、多岐にわたる採用イベントを実施しています7。これらのイベントは、会社の情報、事業概要、プロジェクト、人材開発、ダイバーシティ、働き方改革、従業員インタビュー、採用情報などをカバーしています7

採用資料

採用に関する資料として、リクルートパンフレットやリクルートブログがあり、応募者にとって有益な情報が提供されています7

採用時期と選考の難易度

採用時期は夏期、秋期、春期の3回に分かれており、応募者数が増加すると選考プロセスの難易度が高まります。また、応募者の学歴が高いほど選考は厳しくなる傾向にあります6

KPMGコンサルティングの福利厚生

KPMGコンサルティングは、社員の福利厚生に力を入れています。健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険などの各種社会保険を完備し、在籍2年以上の社員には退職金制度があります。また、公認会計士企業年金基金にも加入しており、将来の安心をサポートしています。健康保険組合カフェテリアプランでは、医薬品やスポーツクラブ、旅行などを自由に選択可能です。さらに、産前産後休暇、育児休業、介護休暇、短時間勤務制度など、ライフステージに応じたサポートも充実しています。東京事務所内のマッサージルームや、各種サークルクラブ活動も社員の健康と交流を促進しています。

KPMGコンサルティング 福利厚生
  • 各種社会保険完備

    健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険など、すべての社会保険を完備しています。

  • 退職金制度

    在籍2年以上の社員を対象に退職金制度を設けています。

  • 公認会計士企業年金基金

    社員の将来の安心のため、公認会計士企業年金基金に加入しています。

  • 健康保険組合カフェテリアプラン

    健康保険組合が提供するカフェテリアプランを利用し、社員は医薬品や健康関連用品の購入、スポーツクラブ、旅行などを自由に選択して利用できます。

  • 産前産後休暇

    出産前後の社員に対し、産前産後休暇を提供しています。

  • 育児休業

    子育て中の社員が育児休業を取得できる制度を整えています。

  • 介護休暇・介護休業

    家族の介護が必要な社員に対し、介護休暇および介護休業を提供しています。

  • 看護休暇

    社員やその家族が病気やけがの際に利用できる看護休暇を設けています。

  • 短時間勤務制度

    育児や介護などの理由で、フルタイム勤務が難しい社員のために短時間勤務制度を提供しています。

  • ベビーシッター育児支援補助

    ベビーシッター利用に対する補助を行い、育児を支援しています。

  • 病児保育サポート制度

    子どもが病気の際に利用できる病児保育のサポート制度を提供しています。

  • マッサージルーム

    東京事務所内にマッサージルームを設置し、社員は30分500円で施術を受けることができます。

  • 各種サークルクラブ活動

    社員同士の交流を深めるために、さまざまなサークルクラブ活動を支援しています。

KPMGコンサルティングのまとめ

本記事を通じて、KPMGコンサルティングが提供するビジネス変革、技術変革、リスク管理といった各種サービスの重要性や、働く環境のメリット、そして転職を検討する際の有益な情報について詳細に説明しました。KPMGコンサルティングでは、多岐にわたるキャリアパスを支援し、従業員のスキルアップとバランスの取れたワークライフを重視しています。これにより、従業員は自己成長を遂げると共に、顧客の成功に貢献することが可能です。

KPMGコンサルティングへの転職を考える際には、自身のキャリアビジョンと転職の動機を明確にし、強みを最大限活かすことが成功の鍵となります。また、企業の文化や価値観についても事前に理解を深めることが重要です。KPMGコンサルティングでのキャリアは、ビジネスの最前線で活躍し、持続可能な社会の実現に貢献するチャンスを提供します。

FAQs

KPMGコンサルティングへの転職はどれくらい難しいですか?

KPMGコンサルティングへの転職は容易ではありません。採用人数が限られており、特にコンサルティング分野では論理的思考力が、IT戦略業務では情報系の知識が求められます。文系出身者よりも技術系出身者の方が有利な場合が多いです。

KPMGでの転勤の有無は?

KPMGでは原則として転勤はありません。

参考文献   

[1] – https://kpmg.com/jp/ja/home/about/kc/corporate-profile.html
[2] – https://recruit.kpmg-consulting.jp/about3.html
[3] – https://smartcity.kyoto/wp/wp-content/uploads/2021/11/partner25_01.pdf
[4] – https://plus.onecareer.jp/articles/303
[5] – https://syukatsu-kaigi.jp/companies/123971/screening
[6] – https://factlogic.jp/selection-of-kpmg/
[7] – https://recruit.kpmg-consulting.jp/job/newgraduates
[8] – https://www.onecareer.jp/companies/622/selection_steps
[9] – https://kpmg.com/jp/ja/home/careers.html
[10] – https://recruit.kpmg-consulting.jp/job/mid_career_recruit
[11] – https://doda.jp/DodaFront/View/Company/j_id__00158888800/
[12] – https://kpmg.com/jp/ja/home/about/kc.html
[13] – https://recruit.kpmg-consulting.jp/about1.html
[14] – https://kpmg.com/jp/ja/home/about/kc/kc-sectors.html
[15] – https://www.axc.ne.jp/consul/map/general/kpmg_consulting/domain.html
[16] – https://www.onecareer.jp/articles/1640
[17] – https://www.antelope.co.jp/navigation/consul/special/kpmg/
[18] – https://tenshoku.mynavi.jp/company/155717/joblist/
[19] – https://www.axc.ne.jp/consul/map/general/kpmg_consulting/feature.html
[20] – https://talentsquare.co.jp/career/get-into-kpmg/
[21] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/general/kpmg/salary.html