P&Eディレクションズの会社概要

P&Eディレクションズの公式サイトトップページ画像

引用:P&Eディレクションズの公式サイト

株式会社P&Eディレクションズ(P&E Directions)は、2001年9月に設立された経営コンサルティングファームで、東京都中央区銀座に本社を構えています。代表取締役は島田直樹氏が務めており、企業の成長および事業成長を実現するための戦略立案およびその実行支援を主要な業務としています。

P&Eディレクションズのサービスは、計画策定(Planning)と実行支援(Execution)を重視しており、クライアント企業の経営課題を一緒に解決するために、多岐にわたるサービスを提供しています。これには、成長戦略の立案、新規事業の開発、中期経営計画の策定、M&A戦略の実行支援などが含まれます。クライアントに対するアプローチは、徹底的なヒアリングを通じて、潜在的な命題に触れることから始まり、その後、実行可能な計画を立案し、実行段階まで一貫してサポートします。

また、P&Eディレクションズは国内外においても活動を展開しており、シンガポールに拠点を持ち、グローバルな視点でのコンサルティングサービスを提供しています。特に、企業間のアライアンスや新市場への進出支援など、国際的なビジネスのサポートにも強みを持っています。

社名株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ
代表代表取締役 島田直樹
設立2001年9月
所在地東京都中央区銀座6-8-7交詢ビルディング8階

P&Eディレクションズのキャリアパス

独自のキャリアパス

P&E DIRECTIONSでは、戦略コンサルタントが持つプランニング力(P)と、事業会社で働くビジネスパーソンが持つエグゼキューション力(E)を融合させることで、幅広い事業支援を提供しています。社名が示すように、計画と実行の両面からお客様に寄り添いながら、事業の成功をサポートしています。

戦略コンサルタントの成長

戦略コンサルタントは、知識とスキルを磨き、プランニング力を高めてステップアップしていきます。この過程で、綿密な計画立案と実行力のバランスを取ることが求められます。

ビジネスパーソンの成長

事業会社で働くビジネスパーソンは、実行して結果を出すエグゼキューション力を伸ばします。これにより、計画を具体的な成果に結びつける能力を強化します。

P&Eディレクションズの公式サイトキャリアパス画像

引用:P&Eディレクションズの公式サイトキャリアパス

プロジェクト単位の評価

P&Eディレクションズでは、プロジェクト単位の評価を重視しています。評価は半年に5回程度行われ、各プロジェクト終了後に実施されます。この評価プロセスでは、プロジェクトリーダーがフィードバックを提供し、チームメンバーのパフォーマンスや成果を詳細に評価します。この仕組みにより、従業員は自身の強みや改善点を把握し、次のプロジェクトに向けて成長する機会が与えられます。

P&Eディレクションズ プロジェクト単位の評価
  • 頻度:半年で5回程度
  • 内容:プロジェクトリーダーによるフィードバック

期末総合評価

P&Eディレクションズでは、半年に1回、期末総合評価を実施しています。この評価は、各プロジェクトの成果や社内業務への取り組みを総合的に評価するものです。プロジェクト評価に加え、社員の日常業務やチームへの貢献度も評価の対象となります。この評価制度により、社員は自己の業務パフォーマンスを振り返り、次の目標設定やキャリアパスの明確化を図ることができます。

P&Eディレクションズ 期末総合評価
  • 頻度:半年に1回
  • 内容:プロジェクト評価、社内業務への取り組みなどを総合した半期の業務評価

キャリア まとめ

P&Eディレクションズのキャリアパスは、戦略コンサルタントのプランニング力とビジネスパーソンのエグゼキューション力を融合させることで、計画と実行の両面から事業支援を行う独自のモデルを提供しています。定期的な評価制度を通じて社員の成長をサポートし、幅広いスキルを持つプロフェッショナルとしてのキャリア形成を支援しています。

P&Eディレクションズの年収

P&Eディレクションズでは、従業員の給与体系がパフォーマンスに基づいており、年間給与の10%から70%の範囲でボーナスが支給されることが特徴です4。年齢に応じた給与の目安は以下の通りです

年齢年収範囲(万円)
25歳450-500
29歳500-800
32歳800-1,000
35歳1,000-1,500
40歳以上2,000

さらに、P&Eディレクションズでは、柔軟な勤務時間制度や交通費支給、社会保険完備、年1回の健康診断、福利厚生プログラムなど、従業員が安心して働ける環境を提供しています。また、週休2日制、祝日、年末年始休暇、有給休暇も完備されており、ワークライフバランスの充実にも力を入れています4

P&Eディレクションズの評判・口コミ

P&Eディレクションズに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

働きがい: 成長著しいスタートアップやニッチトップ企業など、他ファームではあまりない事業領域・規模の経営戦略案件・ビジネスデューデリジェンスが多く、案件の中身として面白い。 また、クライアントは上場企業やオーナー企業の経営陣が多く、そういった企業特有の経営課題に向き合い、意思決定に直結する提言が求められる為、質的にタフな仕事も多い。

成長・キャリア開発: 戦略コンサルタントとしての基礎力を磨く環境としては充実している印象で、コンサルタントとしての市場価値を高めることは可能。 一方、案件の中身(クライアントや経営イシュー)にそれなりの偏りがある、マネジャー以上の人材の層が薄い(量・質ともに乏しい)、といった実感から、「足腰を鍛えた後の更なるコンサルタントとしての成長」の機会には物足りなさを感じた。

(P&Eディレクションズのopenworkより)

入社を決めた理由: 大企業から中堅企業まで、様々な業種の企業の戦略コンサルティング案件に携われることを期待

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 概ね妥当。案件内容としては特に成長戦略を検討する案件や、ビジネスデューデリジェンスが多い。 一方、クライアント企業に偏りがあり案件内容もやや偏っている、また他の戦略ファーム出身者は少なく、簡単に言えば「我流」で戦略コンサルとしてのスタイルを確立している人材が多い、と言った点は留意された。

(P&Eディレクションズのopenworkより)

働きがい: 20代から責任のある仕事を任せられ、働きがいはとても感じた。上司からのフィードバックが早く、良いフィードバックをもらうときが最も働きがいを感じたかもしれない。

成長・キャリア開発: 20代にとっては成長できる環境。自分も短い間だったが、ハードなプロジェクトをやりきることで成長を実感している。キャリア開発にも悪くなく、ピアーアンドイーで働いた後に大手シンクタンク・コンサルティング会社に転職する者も多い。自分を磨くにはとてもいい環境なので新卒で入社するのをお勧めしたい。

(P&Eディレクションズのopenworkより)

入社を決めた理由: 成長環境が高そうだったこと、純粋な戦略案件の豊富さ・面白さ、面接を通じて社員の方々の人柄が良いと思ったこと。

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 成長環境に関しては妥当でした。企業規模・業界が様々な案件に携わることができ、大手では積むことのできない経験もあったのではと思う。社員の人柄について、あくまでコンサルティングワークそのものの上においては人間関係に悩むことはなかった。中小オーナー企業独特の雰囲気はあり、これがイベントや制度等に現れているので、これが合わない人は居心地悪く感じる場面があると思う。

(P&Eディレクションズのopenworkより)

働きがい: 力さえあれば、若手のうちからでも仕事を任せてもらえるし、チャンスも与えられる。 出来る若手は、形式上は評価される。しかし私の知る限りでは、年功序列が尊重されており、タイトルでは考慮されるが、給与には跳ね返りにくい。

成長・キャリア開発: 様々な業種のクライアントの、中期戦略策定、新規事業立ち上げ、M&Aなどの成長をテーマにした、大型から小型までの案件があり、若手が経験を積むという観点では良いと思う。 一方でほとんどの案件傾斜は創業者によるもので、シニア層がなかなか育っておらず、今後若手からシニアクラスへ育つイメージもない。人が増える中で、以前ほど優秀なシニア層のしたで、若手が裁量を持ってチャレンジさせてもらえる機会が減ってきている。

(P&Eディレクションズのopenworkより)

P&Eディレクションズの求人情報

P&Eディレクションズの採用サイトトップページ画像

引用:P&Eディレクションズの採用サイト

募集中の職種
  • <戦略コンサルタント>
  • コンサルタント

    プロジェクトメンバーとして遂行、クライアントへの価値貢献、リサーチ・分析、アウトプット作成、営業・提案活動のサポートを行います。

  • シニアコンサルタント

    プロジェクト遂行、クライアント満足の実現、リサーチ・分析、アウトプット作成、課題解決、営業・提案活動のサポートを行います。

  • マネージャー

    プロジェクトマネジメントでの価値貢献とクライアント満足実現、論点設定、解決策検討、コンテンツ作成、メンバー管理、新規・既存クライアント開拓、メンバー育成、成長施策推進。

  • プリンシパル

    クライアントへの価値貢献と満足実現、論点設定、解決策検討、コンテンツ作成、メンバー管理、新規・既存クライアント開拓、メンバー育成、採用活動を通じた成長推進を行います。

  • 詳細はこちら

P&Eディレクションズの選考プロセス

P&Eディレクションズの選考プロセスは、書類審査から始まります。応募者はまず履歴書や職務経歴書を提出し、その内容を基に初期選考が行われます。次に、筆記試験が実施され、応募者の基礎知識や適性が評価されます。最終的に、面接が複数回行われ、専門的なスキルや企業文化への適合性が詳しく評価されます。選考全体を通じて、P&Eディレクションズでは優れた人材を見極めるプロセスを重視しています。

P&Eディレクションズ 選考プロセス
  1. 書類審査
  2. 筆記試験
  3. 面接

P&Eディレクションズの福利厚生

P&Eディレクションズでは、社員の負担を軽減するために交通費を全額支給しています。また、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など、すべての社会保険を完備しており、社員の安心をサポートします。健康維持のために、年に一回の健康診断も実施しています。さらに、福利厚生代行会社が提供する多様なサービスを利用できる制度を整えており、社員の生活を幅広く支援しています。各種手当も支給し、社員の働きやすさを向上させています。

P&Eディレクションズ 福利厚生
  • 交通費全額支給

    通勤にかかる交通費を全額支給し、社員の負担を軽減します。

  • 各種社会保険完備

    雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など、全ての社会保険を完備しています。

  • 健康診断

    社員の健康を維持するために、年に一回の健康診断を実施しています。

  • 福利厚生代行会社が提供するサービス

    福利厚生代行会社が提供する多様なサービスを利用でき、社員の生活を幅広くサポートします。

  • 各種手当

    社員の働きやすさをさらに向上させるため、各種手当を支給しています。

P&Eディレクションズのまとめ

P&Eディレクションズは、その設立以来、戦略コンサルティングやM&Aアドバイザリーなど、幅広いビジネスソリューションを提供してきました。企業が直面する挑戦を解決しつつ、理想的なビジョンの実現を目指すことで、多岐にわたるクライアントの成長を支援しています。この記事を通じて、会社の歴史、サービス内容、求める人材像、および転職先としての魅力について考察しました。

P&Eディレクションズでのキャリアは、従業員一人ひとりの成長と成功に重点を置いたものであり、新卒から経験豊富なプロフェッショナルまで、多様な成長機会が提供されています。企業と従業員双方の合意形成に基づき、研修や育成プログラムを通じて専門知識とスキルを身につけ、プロジェクトリーダーやマネージャーへのステップアップが見込めます。戦略コンサルティングの分野で次のキャリアステップを検討している方にとって、P&Eディレクションズは理想的な選択肢と言えるでしょう。

FAQs

P&Eディレクションズの「P&E」とはどういう意味ですか?

P&Eディレクションズの社名に含まれる「P&E」は、「PLANNING and EXECUTION」の略で、「戦略を策定し、それを実行すること」を意味しています。また、「DIRECTIONS」は「進むべき大きな方向性」を表しています。

参考文献  

[1] – https://liiga.me/columns/338
[2] – https://www.ped.co.jp/recruit/
[3] – https://www.ped.co.jp/jobs/requirements
[4] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/ped.html
[5] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/ped/recruit.html
[6] – https://www.ped.co.jp/recruit/career/
[7] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/ped/service.html
[8] – http://www.ped.co.jp/
[9] – https://www.kotora.jp/c/interview/ped/
[10] – https://www.onecareer.jp/experiences/companies/7408/middle_categories/interview
[11] – https://liiga.me/columns/595
[12] – https://www.ped.co.jp/seminar/books/
[13] – https://gaishishukatsu.com/archives/131748