日立コンサルティングの会社概要

日立コンサルティングの公式サイトトップページ画像

引用:日立コンサルティングの公式サイト

日立コンサルティング株式会社は、日立製作所100%出資のビジネスコンサルティング会社であり、2002年に設立されました。本社は東京都千代田区麹町にあり、名古屋にもオフィスを構えています。代表取締役社長は伊藤洋三氏が務めています。従業員数は2023年2月末時点で460名です。

日立コンサルティングは、マネジメントコンサルティング、業務コンサルティング、ITコンサルティングなど、幅広い分野でサービスを提供しています。具体的には、経営計画や事業戦略、新事業の立ち上げ支援、業務改革や働き方改革、IT戦略の策定やデジタル技術の活用支援などが含まれます。これらのサービスを通じて、クライアント企業の経営課題や業務課題の解決をサポートしています。

さらに、日立グループの一員として、グループ内の技術や知識を活用し、社会課題の解決や新たな価値の創造に取り組んでいます。特に、社会インフラやITを活用した総合的なソリューションの提供に力を入れており、グローバル規模でのビジネス展開も行っています。

社名株式会社 日立コンサルティング
設立2002年7月1日
資本金24億円
代表伊藤 洋三
従業員数460名(2023年2月末現在)
所在地東京都 千代田区麹町二丁目4番地1 麹町大通りビル11階

名古屋オフィス:愛知県名古屋市中区栄三丁目17番12号 大津通電気ビル7階
事業内容・マネジメントコンサルティング
(経営計画、事業戦略、新事業構想~立上げ支援)

・業務コンサルティング
(業務改革、働き方改革、バリューチェーン改革)

・ITコンサルティング
(IT構想、IT戦略、デジタル技術活用)
沿革2002年株式会社 エクスペリオ・ソリューションズ・ジャパンとして千代田区丸の内に会社設立
2003年株式会社 エクサージュへ社名変更、港区六本木にオフィス移転
2006年株式会社 日立コンサルティングへ社名変更
2006年港区港南(品川)にオフィス移転2012年千代田区麹町にオフィス移転
2021年名古屋オフィスを開設

日立コンサルティングのキャリアパス

日立コンサルティングでは、アナリストからマネージングディレクターまで、能力に応じた8段階のキャリアステージが設けられています。新たに採用された方は、これまでの業務経験や能力に応じたステージに編入され、そこで更なる成長を目指します。

若手コンサルタントの成長

若手のコンサルタントには、プロジェクトを通じて業務スキルや知識、専門性を身に付けることが期待されます。キャリアの初期段階から、実践的な経験を積むことで、将来的なステップアップの基盤を築きます。

上位職に求められる能力

マネージャー以上の上位職では、プロジェクト全体の管理能力、クライアントとの関係構築力、より高い業界知識、経営知識、問題解決力などが求められます。これらの能力は、プロジェクトの成功やクライアント満足度に直結するため、重要なスキルとなります。

各クラスの役割と必須能力

日立コンサルティングでは、キャリアパスが明確に設定されています。アナリストは上司の指示のもとで作業を完了し、自己完結力と学習能力が求められます。コンサルタントは担当領域の作業を主体的に完了し、自己管理能力と生産性が重要です。シニアコンサルタントはチームをリードし、チーム管理能力とクライアント対応力が必要です。マネージャーはプロジェクトのゴールを設定し、チームをリードします。シニアマネージャーとディレクターは営業力や統率力を発揮して新規案件を獲得し、組織運営能力も求められます。シニアディレクターは部全体の目標達成を管理・推進します。

各クラスの役割と必須能力
  • アナリスト (プロジェクトメンバー)

    ・求められる役割: 上司の指示・レビューの下で作業を完了

  • ・必須能力: 自己作業完結力、学習能力

  • コンサルタント (サブチームリーダー)

    ・求められる役割: 上司のレビューの下で担当領域の作業を主体的に完了

  • ・必須能力: 自己管理能力、生産性

  • シニアコンサルタント (チームリーダー)

    ・求められる役割: 上司と目標を共有し、チームメンバーをリードして作業を完了

  • ・必須能力: チーム管理能力、クライアント対応力

  • マネージャー (プロジェクトマネージャー)

    ・求められる役割: 自身で設定した目標の下、プロジェクトのゴールをコミットし、メンバーをリード

  • ・必須能力: チーム管理能力、クライアント対応力

  • シニアマネージャー (プロジェクトマネージャー)

    ・求められる役割: 長期的な視点でアカウント先との関係を構築し、新規案件を獲得

  • ・必須能力: 統率力、営業力

  • ディレクター (アカウントマネージャー)

    ・求められる役割: 自身で営業チャネルを開拓し、新規案件の獲得・継続

  • ・必須能力: トップセールス、組織運営能力

  • シニアディレクター (アカウントマネージャー)

    ・求められる役割: 10~20名単位の部をまとめ、全員が定量目標を達成できるように管理・推進

  • ・必須能力: トップセールス、組織運営能力

キャリアパス まとめ

日立コンサルティングのキャリアステップは、個々の能力とパフォーマンスに基づいて進化する実力主義のシステムです。若手コンサルタントから上位職まで、明確に定義された役割と必須能力を基に、段階的にキャリアを積み上げることが可能です。この仕組みにより、社員一人ひとりが自己成長を遂げながら、企業全体の成功に貢献できる環境が整っています。

日立コンサルティングの年収

年収レベル

日立コンサルティングの平均年収は829万円で、国内の平均年収433万円と比較して約1.9倍の水準です2319。職位によって年収は異なり、アナリストは400万円から600万円、コンサルタントは600万円から800万円、シニアコンサルタントは800万円から1,000万円、マネージャーは1,000万円から1,200万円、シニアマネージャーは1,400万円からとなっています2319

職位年収(万円)
アナリスト400-600
コンサルタント600-800
シニアコンサルタント800-1,000
マネージャー1,000-1,200
シニアマネージャー1,400以上

対偶

日立コンサルティングの年収は、外資系戦略コンサルティングファームや他の大手日系コンサルティングファームと比較するとやや控えめです。例えば、マッキンゼーの平均年収は1,182万円、ボストンコンサルティンググループは1,424万円、ベインアンドカンパニーは1,125万円です19

昇進制度

日立コンサルティングでは年1回の昇給があり1618、職位昇格に応じて年収も増加します。シニアコンサルタントまで昇格すると、年収は1,000万円を超えることが期待されます2319

日立コンサルティングの評判・口コミ

日立コンサルティングに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

働きがい:立場上親会社のための仕事になりやすいので、社会貢献だと意気込んで入ると意気消沈する。親会社含めて日立グループとして社会に貢献してるのと見れば、やりがいはあるのかもしれない。

成長・キャリア開発:若手はほとんどが未経験で入ってくるため、それを支援する文化はそこそこ手厚い。
他のコンサルファームに比べても、序盤は優しく親切に教え育ててくれるように思う。
逆を言うと中堅ほどからそういった若手をサポートしなければいけなくなり非常に負荷が増える。

(日立コンサルティングのopenwork)

強み:なんだかんだで日立グループからの仕事が来るため案件に困ることはない。
長年積み重ねてきた日立というブランドイメージ自体は本当に強いものだと思う。

弱み:コンサルファームとしての弱みは、大体間に親会社が入るため、案件の金額が他ファームに比べて非常に高額になる。
そのため失注することも多いし、顧客側からの期待値が無駄に高くなり、非常に高負荷の働きをしなければいけなくなる。
正直、金額以上の働きができているプロジェクトはほとんど無いと思う。他のファームならば同じ金額でもっと多人数をアサインでき、成果が挙げられると感じていた。

(日立コンサルティングのopenwork)

経営陣の交代により、創業時の壮大な構想から外れてしまったのは残念。みんなで頑張ってこの会社を大きくして、既存のコンサルティングファームを凌駕するのを夢見てわくわくしながら働いていました。高待遇とみんなの夢があったので労働時間が長くても頑張ることができました。当時は「ブラック」とは感じませんでした。
でもいまは日立製作所のプリセール部隊のような組織になってしまい、目標も文化も変わり、退職しました。

(日立コンサルティングのopenwork)

入社を決めた理由:日立グループであるため、あまりにも酷い労働環境となることは無いと考えたため。
日系コンサルであり、Up or Outの価値観ではなく、長く働ける環境であると感じたため。

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:妥当であった。
労働時間の可視化が進んでおり、PCのログイン・ログオフ時間が勤怠システムに反映され、上長が閲覧可能。勤務時間の登録もPCの稼働時間をそのまま勤怠に反映することが推奨されている。(PC稼働と差分が生じる場合は理由も合わせて申請することが必要)
プロジェクト毎へのチャージシステムと勤怠のシステムが別であるため、実態の労働時間を登録する人が近年増えている印象があった。

Up or Outの文化は無く、特にMupの勤続年数が長い印象。(Mupの中途が少ない可能性もある)

(日立コンサルティングのopenwork)

強み:日立グループのネットワークを活かした案件獲得、デリバリーの推進。
政府系、社会インフラ等の公共性の高い領域において、日立グループという単位で、顧客から一朝一夕では成し得ない信頼を確保している場合が多数見受けられる。

弱み:事業の様々な面を日立製作所に依存しており、単独での案件獲得能力や外から見えるブランド価値に難がある。
また、在籍する人材の質についても同業他社と比較して優れているとは言えない状況に思われ、上記に示す案件獲得能力や単独でのブランド価値の低さが近い未来に劇的に改善する可能性は低いと考えられる。

事業展望:近い未来に大きく低迷することはないが、殊更現状の大きな方向性を変えようとする勢力が勢いを増すようにも思えないため、強く成長することもないであろう。

(日立コンサルティングのopenwork)

日立コンサルティングの求人情報

日立コンサルティングの中途採用サイトトップページ画像

引用:日立コンサルティングの中途採用サイト

募集中の職種
  • 【DX・IT部門改革】DXコンサルタント(経験者採用)

    急速なDX化推進に伴い、DX/IT戦略の立案・実行、組織・業務・人材改革を支援するプロジェクトリーダーを募集。事業拡大を目指し、効果的なDX推進と革新をリードします。

  • 詳細はこちら

  • ★コンサル未経験者歓迎★【DX・IT部門改革】DXコンサルタント

    急速なDX化に対応し、DX/IT戦略立案・実行、組織改革を推進するリーダーを募集。日立コンサルティングで事業革新と生産性向上を支援。

  • 詳細はこちら

  • ★経験者採用★脱炭素ビジネスコンサルタント【事業拡大メンバー募集】

    日立グループは、2050年までにカーボンニュートラルを目指し、脱炭素ビジネスを強化。気候変動に対応する高志と経験を持つコンサルタントを募集します。

  • 詳細はこちら

  • 事業戦略コンサルタント

    日立グループは、社会インフラ×IT領域で戦略策定やビジネス立ち上げを行い、交通・電力・通信などのCxOレベルの課題解決に注力しています。業務詳細は、プロジェクト設計、リード、関係構築、分析考察、ビジネスモデル検討、メンバーマネジメントになります。

  • 詳細はこちら

  • 【ITグランドデザイン】ITアーキテクチャコンサルタント

    お客様企業のIT戦略立案、ITアーキテクチャ設計、標準化推進を行い、デジタル改革のノウハウで支援します。

  • 詳細はこちら

日立コンサルティングの選考プロセス

日立コンサルティングの採用プロセスは、以下のステップで構成されています。まず、募集要項や採用部門を確認し、エントリーフォームから希望の職種に応募します。書類選考とweb適性テストを経て、1次面接に進みます。1次面接に合格した方には、志望動機書の提出が求められます。次に、上位職の面接官と人事面接官による2次面接が行われます。最終的に、全体の評価を基に内定が決定され、応募から内定までの期間は約1ヶ月です。

日立コンサルティング 選考プロセス
  1. エントリー:まず、募集要項や採用部門をご確認いただき、エントリーフォームから希望の職種にご応募ください。
  2. 書類選考・適性テスト:応募後、ご経歴を基に書類選考を実施します。書類選考に合格された方には、web適性テストのご案内をいたします。
  3. 1次面接:書類選考と適性テストに合格された方は、応募部門の面接官との対面での1次面接に進みます。
  4. 志望動機書:1次面接に合格された方には、コンサルタント及び弊社を志望する理由を記した志望動機書を提出していただきます。
  5. 2次面接:2次面接では、応募部門の上位職の面接官と人事面接官が対面で面接を行います。
  6. 内定:選考プロセス全体を通じて評価し、最終的に内定を決定します。応募から内定までの期間は、約1ヶ月程度です。

以上が一般的な選考プロセスの流れです。応募をお考えの方は、ぜひこのプロセスを参考にしてください。職種や状況によりプロセスが変更となる場合がありますので、最新の情報は常に確認するようお願いいたします。

日立コンサルティングの福利厚生

日立コンサルティングでは、社員一人ひとりが安心と充実を感じられる環境を提供するため、さまざまな制度を設けています。以下に、日立コンサルティング の福利厚生についてご紹介します。

あなたらしい働き方をサポートする制度

日立コンサルティングでは、休日・休暇、各種手当、研修制度など、多方面から社員をサポートしています。また、日立グループの生命保険、資産形成、育児・介護と仕事の両立支援などの福利厚生制度も利用可能です。

安心できる生活のために

日立コンサルティングは、社員の生活とキャリアを支えるために多様な福利厚生制度を提供しています。日立グループ団体保険では、生命保険、医療保険、自動車保険など、万が一の事態に備える保険制度を整えています。年間5万円相当のポイントと各種割引制度を利用できるカフェテリアプランも導入しています。さらに、住宅やリモートワークの支援として、居住費や通信費に利用可能なポイントを付与しています。社員の資産形成をサポートするために、日立グループ社員持ち株会制度、確定拠出年金制度、財形貯蓄制度も提供しています。

日立コンサルティング 安心できる生活のために
  • 日立グループ団体保険:生命保険、医療保険、自動車保険など、万が一の事態に備える保険制度を提供しています。
  • カフェテリアプラン:年間5万円相当のポイントと各種割引制度を利用できるカフェテリアプラン制度を導入しています。
  • 住宅・リモート支援制度:居住費や通信費などに利用可能なポイントを付与し、リモートワークを支援しています。
  • ライフプランに合わせたマネープラン:日立グループ社員持ち株会制度や確定拠出年金制度、財形貯蓄制度を通じて、社員の資産形成をサポートします。

両立支援・生活

日立コンサルティングは、社員の生活とキャリアを支えるために充実した福利厚生制度を提供しています。介護休暇制度では、家族の介護が必要な場合に休暇を取得できます。また、出産や育児に関しても、お子様一人当たり最大3年間の育休を取得可能で、子の看護休暇や配偶者出産休暇、家族看護休暇、生理休暇など多様な休暇制度を整えています。さらに、育児や介護を行う社員には最大4時間勤務までの時短勤務制度を導入し、妊娠中や出産後1年以内の社員には残業や深夜労働の制限を設けて、働きやすい環境を提供しています。

日立コンサルティング 両立支援・生活
  • 介護休暇:家族の介護が必要な場合に取得可能な休暇制度です。
  • 出産/育児休暇:お子様一人当たり最大3年間の育休を取得可能です。また、子の看護休暇や配偶者出産休暇、家族看護休暇、生理休暇など、多様な休暇制度を設けています。
  • 時短勤務制度:育児や介護を行う社員について、最大4時間勤務までの調整が可能です。
  • 育児・介護を行う社員の残業/深夜労働制限:妊娠中や出産後1年以内の社員に対する勤務規則緩和制度を導入し、働きやすい環境を整えています。

ニューノーマルな働き方のために

日立コンサルティングは、リモートワークを積極的に推進しています。全社員にPC、Wi-Fi、スマートフォン、タブレットを支給し、業務の効率化と柔軟な働き方をサポートしています。さらに、首都圏各地にサテライトオフィスを完備しており、社員は自宅やサテライトオフィスから自由に働くことができます。これにより、ワークライフバランスの向上と生産性の最大化を実現しています。

日立コンサルティング ニューノーマルな働き方のために
  • リモートワーク推進:全社員にPC、Wi-Fi、スマートフォン、タブレットを支給し、首都圏各地にサテライトオフィスを完備しています。

キャリアアップのために

日立コンサルティングは、社員のスキル向上をサポートするために充実した研修制度を提供しています。全社共通研修、本部別研修、階層別研修などの各種社内研修を通じて、社員の専門知識や能力を高める環境を整えています。さらに、外部研修制度もあり、社外研修やセミナーを会社負担で受講可能です。自己啓発休暇も設けており、社員が自らの成長を追求するための時間を確保できます。これらの制度により、日立コンサルティングは社員の継続的な成長とキャリア開発を支援しています。

日立コンサルティング キャリアアップのために
  • 各種社内研修:全社共通研修、本部別研修、階層別研修など、社員のスキル向上をサポートします。
  • 外部研修制度:社外研修やセミナーを会社負担で受講可能です。また、自己啓発休暇も設けています。

各種手当

日立コンサルティングは、社員とその家族の生活をサポートするために多様な手当制度を提供しています。結婚祝金、出産祝金、弔慰金、傷病見舞金、災害見舞金などの慶弔見舞金を支給しています。また、社員や家族の万が一の事態に備えた死亡弔慰金・高度障害見舞金制度も用意しています。さらに、採用赴任手当制度により、入社にかかる引越費用を会社が負担します。インフルエンザ予防接種費用も補助され、社員の健康管理を支援しています。

日立コンサルティング 各種手当
  • 慶弔見舞金: 結婚祝金、出産祝金、弔慰金、傷病見舞金、災害見舞金など、多様な手当を支給しています。
  • 死亡弔慰金・高度障害見舞金制度:社員や家族の万が一の事態に備えた手当を用意しています。
  • 採用赴任手当制度:入社にかかった引越費用を会社が負担する制度です。
  • インフルエンザ予防接種補助:インフルエンザの予防接種費用を補助します。

その他

日立コンサルティングは、社員の多様なニーズに応えるための福利厚生制度を充実させています。ボランティア休暇制度を設けており、社会貢献活動を奨励しています。また、公傷/罹災休暇制度により、災害や事故で業務が継続できない場合に休暇を取得できます。本人希望異動制度では、社員の希望に応じて他本部への異動が可能です。介護などで退職した社員にはリターンエントリー制度があり、再雇用の機会を提供します。さらに、副業制度を導入し、多様な働き方を支援しています。社員の趣味や興味に応じたサークル活動も支援し、補助金制度を設けています。

日立コンサルティング その他
  • ボランティア休暇:社会貢献活動を奨励する休暇制度です。
  • 公傷/罹災休暇:災害や事故により業務が継続できない場合の休暇制度です。
  • 本人希望異動制度:社員の希望に応じて他本部への異動を可能とする制度です。
  • リターンエントリー制度:介護等による退職者の再雇用制度です。
  • 副業制度:社員の多様な働き方を支援するため、副業制度を導入しています。
  • 各種サークル活動:社員の趣味や興味に応じたサークル活動を支援し、補助金制度を設けています。

日立コンサルティングのまとめ

日立コンサルティングは、その設立以来、社会イノベーション事業を通じて、世界中の課題解決に貢献してきました。会社の歴史、主要なサービス、そしてビジネス領域にわたる幅広い情報から、日立コンサルティングがいかにしてその強みを活かし、継続的に成長してきたのかが見て取れます。また、福利厚生やキャリアパスなどの従業員支援プログラムが充実していることから、日立コンサルティングが社員のキャリアとライフステージを支える企業であることも明らかです。

この情報を踏まえると、日立コンサルティングは、優秀な人材を求め、さらなる社会的貢献を目指しています。日立グループの一員として、また社会全体への影響力を考慮すると、日立コンサルティングで働くことは、個人の成長だけでなく、より良い社会づくりに貢献するチャンスをも意味しています。今後も日立コンサルティングは、イノベーションと社会貢献をキーワードに、新しい時代をリードする企業であり続けるでしょう。

FAQs

日立コンサルティングへの転職の難易度について

  • Q: 日立コンサルティングに転職するのは難しいですか?
    • A: 日立コンサルティングへの転職は、他の業界に比べて難易度が高いとされています。非常に人気が高く、積極的に採用を行っているものの、採用基準は厳しいため、選考対策をしっかり行う必要があります。

参考文献   

[1] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/about/outline.html
[2] – https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%AB%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0
[3] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/company/identity.html
[4] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/about/business.html
[5] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/company/about.html
[6] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/
[7] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/about/business.html
[8] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/company/about.html
[9] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=9
[10] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/careerup/careerstep.html
[11] – https://www.concord-career.com/industry/general/hitachi-consulting/
[12] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/interview/pickup-teams/04/discussion01.html
[13] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=4
[14] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/careerup/careerstep.html
[15] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/interview/inexperienced/interview01.html
[16] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/career/index.html
[17] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=2
[18] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/newgraduate/index.html
[19] – https://intelli-gorilla.com/media/1145
[20] – https://www.openwork.jp/company.php?m_id=a0910000000GV9o
[21] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=2&next_page=3
[22] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=2
[23] – https://intelli-gorilla.com/media/1145
[24] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmsalary_sogo.html
[25] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/employeebenefits/index.html
[26] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/about/workstyle.html
[27] – https://syukatsu-kaigi.jp/companies/126498/post_items/4/word_mouths
[28] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/employeebenefits/index.html
[29] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/about/workstyle.html
[30] – https://en-hyouban.com/company/10094080713/17/
[31] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/career/index.html
[32] – https://doda.jp/DodaFront/View/Company/j_id__10094080713/
[33] – https://doda.jp/DodaFront/View/CompanyJobs/j_id__10094080713/
[34] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/careerup/careerstep.html
[35] – https://progres05.jposting.net/pghitachiconsulting/u/sp/job.phtml
[36] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/
[37] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/newgraduate/index.html
[38] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/career/index.html
[39] – https://www.onecareer.jp/companies/5928/selection_steps
[40] – https://corp-research.jp/articles/5739
[41] – https://www.onecareer.jp/companies/5928/experiences/2018/13061/59436
[42] – https://www.kandc.com/interview/consulting/3014/
[43] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=1
[44] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/interview/pickup-teams/02/interview02.html
[45] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=4
[46] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/career/index.html
[47] – https://www.openwork.jp/company_answer.php?m_id=a0910000000GV9o&q_no=3
[48] – https://www.hitachiconsulting.co.jp/recruit/interview/inexperienced/discussion01.html