EYストラテジー・アンド・コンサルティングの会社概要

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの公式サイトトップページ画像

引用:EYストラテジー・アンド・コンサルティングの公式サイト

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(EY Strategy and Consulting Co., Ltd.、略称EYSC)は、2020年10月に設立されました。この設立は、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社(EYTAS)とEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(EYACC)が統合された結果です。EYSCは、東京都千代田区に本社を構えており、代表取締役社長は近藤聡氏です。

EYSCは、戦略的トランザクション支援とコンサルティングサービスの二つの主要なサービスラインを提供しています。戦略的トランザクション支援には、M&A、資本配分、バリュエーション、デューデリジェンスなどが含まれ、クライアント企業が重要な経営判断を行う際のサポートを提供しています。一方、コンサルティングサービスは、デジタル時代におけるビジネス変革の推進を目的としており、経営戦略、業務改革、テクノロジー導入、リスク管理などの分野でクライアントを支援しています​。

EYSCは、世界150カ国以上に展開するEYのグローバルネットワークの一部であり、グローバルに約30万人のスタッフが在籍しています。この広範なネットワークを活用することで、EYSCはクライアント企業に対して高度な専門知識と幅広い業界経験を提供し、国際的なビジネス課題にも対応しています​。

社名EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
設立2020年10月(1999年4月設立)※EY Japanの経営コンサルティングを担うConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人として業務開始
資本金4億5千万円
代表代表取締役社長 近藤 聡
従業員4,003名(2023年7月1日時点)
グローバル:30万名(EYグループすべて)
所在地東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

<大阪オフィス>大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー38階
<福岡オフィス>福岡県福岡市中央区天神二丁目12番1号 天神ビル
沿革2010年、アーンスト・アンド・ヤングの各社展開してきたアドバイザリー業務を、より専門性を発揮し、フォーカスしたサービス部隊を作るため設立。
2017年、日本におけるEYメンバーファーム間の調整機能を担う「EYジャパン合同会社」、またこれまで新日本有限責任監査法人のアドバイザリー事業、EYアドバイザリー株式会社、EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリー株式会社が、それぞれ提供してきたサービスを集約して、「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(EYACC)株式会社」を立ち上げ、組織再編
2020年、EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)に社名変更。EY Japanの経営コンサルティングを担うConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人として業務開始。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングのキャリアパス

コンサルタントの初期段階

EYでのキャリアパスは、まずコンサルタントとしてACG(アドバイザリー・コンサルティング・グループ)やTCG(トランザクション・コンサルティング・グループ)に所属することから始まります。コンサルタントの間は、数年にわたってさまざまなプロジェクトにアサインされることで、多岐にわたる業務経験を積むことができます。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの公式サイトキャリアパス画像

引用:EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中途採用サイト

シニアコンサルタントへのステップアップ

シニアコンサルタントに昇格すると、一つのユニットに正式配属されます。ここで、特定の専門分野に集中してスキルを磨き、さらに深い知識と経験を得ることが期待されます。

キャリアチェンジ制度

各ユニットに配属された後も、EYでは個人のキャリアプランに合わせて、チーム間の異動が可能なキャリアチェンジ制度を提供しています。これにより、社員は自分の興味や目標に応じて、異なる分野やプロジェクトに挑戦する機会を持つことができます。柔軟なキャリアチェンジ制度は、社員の成長とキャリア開発を支援するための重要な仕組みです。

キャリアパス まとめ

EYのキャリアパスは、多様なプロジェクトを通じて幅広い経験を積み、専門分野に集中してスキルを磨く機会を提供します。さらに、キャリアチェンジ制度により、個々のキャリアプランに応じた柔軟なキャリア形成が可能です。これにより、社員は自己成長を続けながら、EYでのキャリアを築いていくことができます。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの年収

EYストラテジー・アンド・コンサルティングでは、従業員の給与満足度が高く、77%が年収に満足しています。また、78%が労働時間、82%が休日数、78%が職場の人間関係に満足していると報告されています24。新卒者は、月給約300,000円からスタートし、年収は約500,000円になることが期待されます4。さらに、年に2回のボーナスと年1回のパフォーマンスボーナスが支給されます4

給与体系と福利厚生

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、基本給、ボーナス、健康保険、退職金制度、有給休暇など、競争力のある報酬と福利厚生パッケージを提供しています2。具体的な年収は以下の通りです20:

職位年収範囲(万円)
コンサルタント550-700
シニアコンサルタント700-1,000
マネージャー1,000-1,300
シニアマネージャー1,200-1,500
アソシエイトパートナー1,600以上
パートナー2,500以上

このように、EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、職位に応じた競争力のある給与体系を備え、従業員のキャリアと生活の質を支えるための充実した福利厚生を提供しています24202429.

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの評判・口コミ

EYストラテジー・アンド・コンサルティングに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

プロジェクトの内容・状況と上司次第。
連日徹夜になるときもあるし、仕事の性質上、常時一定の負荷はある。
よほどの繁忙期でなければ、総じて夜間・休日の予定は立てやすいのでは。

休暇に関しては基本的に拒否されないため、取りやすい。
ただ、一般的にコンサル業界では案件の切れ目に長期休暇を取る、というような話が聞かれるが、役職を問わず稼働率目標が厳しくアサインがほとんど途切れないため、概ね皆カレンダー通りの休暇の取り方になる。

(EYストラテジー・アンド・コンサルティングのopenworkより)

組織体制は一般的な総合コンサルファームで、顧客業界軸の部門と、専門性軸の部門が存在する。また、両方にまたがるような活動を展開するチームも存在する。
比較的後発の新しいファームで、事業拡大期にあることもあり、制度等は頻繁に変革を行っている。が、一般の社員目線ではあまりよくわからない。

企業文化は全体的に比較的温厚な人が多い印象。
会社全体で見ても協調性が重視され、仲良しクラブとまではいかないが、和気藹々とした雰囲気のチームが多いように感じる。
一方、異様にプライドの高い人や、他者への配慮に欠ける人も存在する。
また、競合他社からの転職者が急増しており、往年のコンサルティング業界の雰囲気を纏う体育会系気質の人も少なくない。

風通しは比較的良く、発言や提言はしやすいし、歓迎される。一方で、組織の運営体制や組織系統はかなりトップダウン。

(EYストラテジー・アンド・コンサルティングのopenworkより)

働きがい:労働時間やプレッシャーに追われることが多く、あまり働きがいを感じる機会がなかったが、顧客から感謝された時や、PJの山場をチーム一丸となって乗り越えた時にはある程度達成感は感じられました。

成長・キャリア開発:コンサルタントという仕事の性質上、成長・キャリア開発は配属されるチームの状況、参画するプロジェクト及びその上司に大きく左右される。
良い上司に当たれば、適切にフォローを受けながらプロジェクト全般にわたってチャレンジの機会を与えてもらえる。
ただし、若手が好きに案件を選べるわけでもなく、個人のキャリア希望よりも要員配置の都合が優先される場合も多々あるため、自分のキャリア像と任される仕事にギャップが生まれる可能性もある。

(EYストラテジー・アンド・コンサルティングのopenworkより)

入社を決めた理由:待遇
案件やチームがPJ単位で変動するため飽きがないと思われたこと

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:待遇に関しては概ね妥当。
但し、昇給しないと大きくは上がらない。一方、昇格のしやすさは本人の置かれた環境に左右される。
後者についても概ね妥当ではあるが、シニア以上の職階になるとどこかのチームに所属することになり、案件の内容やメンバーはある程度画一化してしまう。
所謂ITCのような定期的な人事異動もないため、良くも悪くも部門・チーム内の身内と長期的に人間関係を構築することになる。

(EYストラテジー・アンド・コンサルティングのopenworkより)

女性だから働きにくいということはありません。
若年層の男女比は、体感では半々くらいですが、中堅層より上位では他企業に比べても女性比率は低いと思います。会社としても女性比率を上げたいという思いはあるそうです。
男性が多いこともあってか、たまに男子校のような雰囲気を感じることもあります。

会社の性質上、評価される対象が、売上貢献やプロジェクトでのプレゼンスであるため、声の大きい方が目立ってしまうのは致し方ないのかもしれません。

(EYストラテジー・アンド・コンサルティングのopenworkより)

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの求人情報

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中途採用サイトトップページ画像

引用:EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中途採用サイト

募集中の職種
  • 自動車・運輸業界向け ビジネスコンサルタント

    EY Advanced Manufacturing & Mobilityチームは、自動車業界やBtoB製造業界に対し、戦略策定から実行支援までEnd to Endでサポートし、企業の成長と社会課題解決に貢献します。

  • 詳細はこちら

  • 金融テクノロジーコンサルタント(銀行/保険/証券)

    FSO部門は金融業界の持続的成長を目指し、IT戦略、システム導入、データ分析、サイバーセキュリティなど幅広いコンサルティングを提供します。

  • 詳細はこちら

  • 戦略コンサルタント

    EYパルテノンのストラテジーチームは、成長戦略策定や市場評価、新規市場参入戦略などを通じてクライアントのビジネス変革を支援します。

  • 詳細はこちら

  • 上下水道/インフラストラクチャー・アドバイザリー

    EYインフラストラクチャーアドバイザリーチームは、上下水道や再生可能エネルギー分野でのPPP/PFI支援、事業戦略策定、資金調達支援などを提供し、社会課題解決に貢献します。

  • 詳細はこちら

  • IT/Data Strategy Consultant

    Data and Analyticsチームは、データとAIを活用し、セールス、マーケティング、サプライチェーンなどのビジネス変革と課題解決を支援します。

  • 詳細はこちら

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの選考プロセス

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの選考プロセスは次の通りです。まず、公式ウェブサイトや求人サイトからオンライン応募を行います。次に、提出された履歴書と職務経歴書を基に書類選考が行われ、応募者のスキルや経験が評価されます。必要に応じてオンライン適性検査が実施され、問題解決能力や数的推論力が評価されます。一次面接では人事担当者やチームリーダーがスキルや企業文化への適合性を確認し、ケース面接では問題解決能力や分析力が評価されます。最後に、高位のマネージャーやエグゼクティブとの最終面接が行われ、企業の長期的ビジョンに対する適合性が判断されます。最終的に、選考を通過した候補者には内定が出され、雇用条件の交渉が行われます。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング 選考プロセス
  1. オンライン応募: 公式ウェブサイトや求人サイトを通じて希望するポジションに応募します​​。
  2. 書類選考: 提出された履歴書と職務経歴書を基に初期選考が行われます。ここでは応募者のスキルや経験が評価されます​​。
  3. 適性検査: 必要に応じてオンライン適性検査が実施されることがあります。これは応募者の問題解決能力や数的推論力を評価するためのものです​。
  4. 一次面接: 人事担当者やチームリーダーとの面接が行われます。ここでは、応募者のスキルや経験、そして企業文化への適合性が評価されます​。
  5. ケース面接: ケーススタディ形式で行われる面接です。応募者の問題解決能力、分析力、そして実務経験が評価されます​。
  6. 最終面接: 高位のマネージャーやエグゼクティブとの最終面接が行われ、企業の長期的なビジョンに対する適合性が評価されます​​。
  7. オファー: 面接を通過した候補者には内定が出され、雇用条件の交渉が行われます。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングの福利厚生

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、充実した福利厚生を提供しています。育児支援として、ベビーシッター利用に補助金を支給し、健康保険制度や総合福祉団体定期保険で社員の健康と安心をサポートしています。また、東京海上日動メディカルアシストやメンタルサポートサービスにより、医療とメンタルヘルスのケアも万全です。企業型確定拠出年金(401K)制度で将来の資産形成を支援し、カフェテリアプランや全国契約宿泊施設の割引利用など、社員の多様なニーズに応えるサービスを提供しています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング 福利厚生
  • ベビーシッター利用等補助制度

    社員がベビーシッターを利用する際に、補助金を提供し、育児を支援しています。

  • 健康保険制度

    社員の健康をサポートするための健康保険制度を完備しています。

  • 総合福祉団体定期保険

    社員のための総合的な福祉団体定期保険に加入し、安心を提供しています。

  • 東京海上日動メディカルアシスト

    医療に関するサポートを提供する「東京海上日動メディカルアシスト」を導入し、社員の健康管理を支援します。

  • メンタルサポートサービス

    社員のメンタルヘルスをケアするためのメンタルサポートサービスを提供しています。

  • 企業型確定拠出年金(401K)

    社員が自ら運用する企業型確定拠出年金制度(401K)を導入し、将来の資産形成を支援しています。

  • カフェテリアプラン

    社員が自由に選択して利用できるカフェテリアプランを提供しています。これにより、医薬品や健康関連用品の購入、スポーツクラブ、旅行などを選ぶことができます。

  • 全国契約宿泊施設の割引利用

    全国の契約宿泊施設を割引価格で利用でき、リフレッシュや旅行を支援しています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングのまとめ

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、幅広い業界に対して戦略的、技術的なアドバイスをもたらし、企業がそのパフォーマンスを向上させ、目標を達成するための支援を行っていることが明白です。包括的なコンサルティングサービス、従業員の成長を促進する職場の文化、多様性と包摂性の高い価値観を核として、クライアント企業の広範な課題解決に貢献しています。

この記事を通じて、EYストラテジー・アンド・コンサルティングが提供するサービスの範囲、採用情報、職場環境について深く理解することができました。同社では、従業員がその専門技術を磨き、キャリアを築くための厚い支援があり、これが多くの転職希望者にとって魅力的な選択肢となっています。さらに、持続可能なビジネス成長を目指し、社会への貢献にも積極的に取り組んでいることから、その社会的な価値と影響に期待が寄せられています。

参考文献   

[1] – https://www.ey.com/ja_jp/people/ey-strategy-and-consulting
[2] – https://www.eysc.jp/recruit/new_graduate/special/career_path.html
[3] – https://www.onecareer.jp/companies/219
[4] – https://gradsguide.jp/media-article/ey-strategy-hyouban/
[5] – https://gaishishukatsu.com/archives/191075
[6] – https://abuild-c.com/highcareer-shukatsu/ey-shinsotsu/
[7] – https://www.eysc.jp/recruit/career/
[8] – https://www.eysc.jp/recruit/blog/messe/
[9] – https://doda.jp/DodaFront/View/Company/j_id__10105306281/
[10] – https://en-ambi.com/agency/a-3863/
[11] – https://jp.indeed.com/q-ey%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-l-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD-%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA-%E6%97%A5%E6%AF%94%E8%B0%B7%E9%A7%85-%E6%B1%82%E4%BA%BA.html
[12] – https://www.eysc.jp/recruit/company/
[13] – https://www.executive-link.co.jp/industry/itoperation/264/
[14] – https://job.career-tasu.jp/corp/00057204/detail-uc/
[15] – https://www.bizreach.jp/company/view/4596/
[16] – https://www.ey.com/ja_jp/careers/consulting
[17] – https://www.eysc.jp/recruit/si/
[18] – https://www.onecareer.jp/companies/219/selection_steps
[19] – https://www.eysc.jp/recruit/new/
[20] – https://talentsquare.co.jp/career/ey-strategy-consulting-salary/
[21] – https://www.eysc.jp/recruit/
[22] – https://fortna.co.jp/ey-strategy/
[23] – https://talentsquare.co.jp/career/get-into-ey/
[24] – https://en-hyouban.com/company/10105963290/
[25] – https://jprocareer.co.jp/consulting/eystrategyconsulting-annual-income/
[26] – https://www.ey.com/ja_jp/careers/how-we-hire
[27] – https://factlogic.jp/selection-of-ey/
[28] – https://www.movin.co.jp/kyujin/kyujin_consulfirm.php?firm=ey
[29] – https://en-hyouban.com/company/10105963290/salary/
[30] – https://jp.indeed.com/cmp/Ey%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B8%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/salaries
[31] – https://izul.co.jp/media/tips-for-changing-jobs/ey-strategy-and-consulting/
[32] – https://intelli-gorilla.com/media/1621