ベイン・アンド・カンパニーの会社概要

ベイン・アンド・カンパニーの公式サイトトップページ画像

引用:ベイン・アンド・カンパニーの公式サイト

ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)は、1973年にビル・ベインら4名のコンサルタントによってアメリカのボストンで設立された戦略コンサルティングファームです。ベイン・アンド・カンパニーは、クライアント企業の経営課題を解決し、持続可能な成長を支援することを目的としています。現在、世界40ヶ国にわたる65の都市にオフィスを構え、約19,000名の従業員が所属しています。

東京オフィスは1982年に開設され、東京都港区赤坂のミッドタウンタワー37階にあります。代表者はDave Michels氏で、日本国内外の大手企業に対して戦略的なコンサルティングサービスを提供しています。主な事業内容には、経営戦略の策定、業務改善、デジタルトランスフォーメーションの推進、M&A支援などが含まれます。

ベイン・アンド・カンパニーの特徴は、徹底的な結果主義とクライアントとの緊密なパートナーシップにあります。クライアントの成功が自社の成功と位置づけられており、そのために高品質なサービスを提供することに注力しています。さらに、社会貢献活動にも積極的で、女性の起業支援やNPO活動の支援なども行っています。

社名ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド
代表デイヴ マイケルズ(東京オフィス代表)
設立1982年(東京オフィス)
事業内容創業以来、45年以上にわたり国内およびグローバルのフォーチュン500に名を連ねる2/3以上、約5,500社のクライアントが厳しい競争環境の中で成長し続け、「結果」を出すことを支援。企業がグローバル市場へ事業を拡大するに際し、様々な業界や経営テーマに精通しているベイン海外オフィスと協働して問題解決に取り組んでいます。
資本金非公開
売上高非公開
株式公開非上場
所在地(東京オフィス)東京都港区赤坂9‐7‐1 ミッドタウン・タワー37階

ベイン・アンド・カンパニーのキャリアパス

ベイン・アンド・カンパニーの公式サイトキャリアパス画像

引用:ベイン・アンド・カンパニーの公式サイトキャリアパス

ベインでは、企業の経営課題を解決するプロフェッショナルとして成長できる充実したサポート体制が整っています。クリティカルシンキング、論点思考、分析力を高めることで、あらゆる問題に対応できる問題解決能力を身につけることができます。成長するための機会が多く用意されており、ベインはキャリア形成に最適な場所として選ばれ続けています。

クライアントへの課題解決支援

ベインでは、世界のリーディング企業のトップマネジメントが抱える最も難しい経営課題を解決するためのスキルとマインドセットを習得します。多様な業界のテーマやプロジェクトに携わることで、経営課題解決のプロとしての汎用的なスキルを獲得できます。

グローバルな環境

世界各国のコンサルタントとチームを組み、国内外でのプロジェクトを遂行します。プロジェクトによっては、海外への出張機会もあり、国際的な経験を積むことができます。

リーダーシップ経験

様々な専門性を持ったコンサルタントやエキスパートと協力して取り組むことで、リーダーシップを発揮し、結果を出すことが求められます。

ベインの特徴

ベインは、クライアント企業の経営課題を解決することで、持続的な成長とポジティブなインパクトを提供しています。ベインのサポーティブなカルチャーでは、役職に関係なく強固なメンターシップがあり、成長を支援するための多くのフィードバックが得られます。

経営コンサルティングの役職

ベイン・アンド・カンパニーの公式サイトキャリアパス画像

引用:ベイン・アンド・カンパニーの公式サイトキャリアパス

経営コンサルティングの役職
  • アソシエイトコンサルタント

    役割: クライアントへのインパクト創出に向けた分析を学び、良い関係を築く方法を習得します。重要な論点を特定し、最適な解決策を提案します。

  • シニアアソシエイトコンサルタント

    役割: インパクトのある分析を行い、プロジェクトの一部をリードします。アソシエイトコンサルタントの指導も行います。

  • コンサルタント

    役割: プロジェクトをリードし、チームメンバーと協力して経営戦略を策定します。クライアントとの長期的な関係構築に貢献します。

  • マネージャー

    役割: ケースチームを運営し、分析プロセス全体を管理します。ネットワークを構築し、顧客との関係を深めるための指導を行います。

  • シニアマネージャー

    役割: 複雑なプロジェクトを任され、チームの管理能力を高めます。クライアントが抱える課題を特定し、チームと連携して最大の結果を出します。

  • アソシエイトパートナー

    役割: クライアントのビジネス上の課題を解決し、リーダーとしての役割を果たします。パートナーと連携し、クライアントのエグゼクティブを支援します。

  • パートナー

    役割: ファームの舵取りを担い、クライアントの新規獲得や長期的な関係構築を行います。ベインとクライアントの成長に貢献します。

キャリアパス まとめ

ベインのキャリアパスは、経営コンサルティングのプロフェッショナルとして成長するための多様な機会と充実したサポート体制が整っています。各役職に応じた明確な役割と求められるスキルを提供し、社員一人ひとりが最大限に成長できる環境を提供しています。

ベイン・アンド・カンパニーの年収

ベイン・アンド・カンパニー年収情報(公式)

役職年収(円)
アソシエイトコンサルタント約880万円-1,100万円
シニアアソシエイトコンサルタント約1,100万円-1,540万円
マネージャー約2,200万円
パートナー約5,500万円以上
出所:Bain & Company

ベイン・アンド・カンパニー年収情報(口コミサイト)

役職年収(万円)
アナリスト600-800
コンサルタント1,000-1,500
マネージャー約2,000
パートナー約3,000
出所:OpenWork

ベイン・アンド・カンパニーの評判・口コミ

ベイン・アンド・カンパニーに関する口コミはネット上では以下のように語られています。あくまで参考としてご確認ください。

働きがい: 基本的に誰もが知るようなビッグアカウントが顧客となることが多く、仕事による社会的インパクトの大きさは感じる。

成長・キャリア開発: 常に多方面から評価がつき、成長が求められる環境。各プロジェクトの度に項目別の評価がつけられ、年次にそぐう働きができているのかを判断される。 自分の成長について遅滞などの短いスパンで継続的にトラックし、都度どこを改善しつつまでにどのようなことを出来るようにするのか、そのために次の仕事としてはどのような案件付けを希望するのかななどを上司とすり合わせ、ひたすら前進する必要がある。

(ベイン・アンド・カンパニーのopenworkより)

入社を決めた理由: インダストリーなどの区切りがなく、幅広い分野の経験ができる 人材育成に定評がある 日本・海外の一流大手企業をクライアントとしており、その中でより難しい経営課題に若いうちから関わることができる

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 入社後様々な業界の案件に携わらせて頂いている。その分キャッチアップは大変だが、得られる経験も大きい。 人材育成制度も充実していると感じる。入社直後のサポートだけでなく、自分の社外でのキャリア含め相談できる仕組みがある。 また実際クライアントは誰もが知っている企業ばかりであり、サポートした案件が実際に世の中に公表された際には、自分たちがした仕事の規模の大きさを再認識できる。

(ベイン・アンド・カンパニーのopenworkより)

一部パートナーが自分の意見を押し通す雰囲気があり、昨今の時勢から、受け入れられない社員も多く出てきている。またPEファンド重視の事業モデルであり、デューデリジェンス業務が多く、コンサルタントとしての成長余力に乏しい。戦略コンサルファームでありながら、戦略案件は希少であり、どちらかというとデューデリファームとの認識。また、デューデリをディスカウントなしで実施しており、それを是とする企業文化が存在しており、長期的にみると、コンサルタントとしての成長に限界があると感じたため。実際に、デューデリができないコンサルタントは一部パートナーから叱責を受けており、これが全体像を表していると考える。

(ベイン・アンド・カンパニーのopenworkより)

新卒で入るべき会社。評価基準に基づいた、非常に強い企業文化があり、ベインの考え方・働き方から外れた多様性を受け入れることはないため、個性や過去の成功体験がある人ほど苦労する。評価が悪いと非常に冷たい扱いを受けるため、結果的に1年程度で会社を去る中途が多い。

評価は問題解決力が重要視され、ベインの考え方・働き方以外で成果を出すことは認められていない。一度悪い評価が出ると仕事のレベルを下げられた上で、マイクロマネージされ、アウトプットも他の人よりも批判的に見られるため、評判を覆すことは非常に難しい。前のケースの評価・評判は次のケースのマネージャーに引き継がれるため、最初のケースの評価で厳しくなると後が非常に厳しくなる。

逆にベインの考え方・働き方に馴染むためのトレーニングやコーチングは非常に手厚く、そこには時間をかけるべきだという文化がある。新卒やベイン流を身につけたい方にとっては良い環境となる可能性は高い。

(ベイン・アンド・カンパニーのopenworkより)

入社を決めた理由: MBBの中で当時もっとも高給で、かつ人柄の良さが目立つ面接官(現場のコンサルタント/シニア層)が多かったこと。

「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 入社理由とのギャップは入社後も存在せず、むしろ「人の成長へのコミット」の予想外の熱量の高さはうれしい誤算だった。 一一点、コンサル界隈内での都市伝説として、「ベインは唯一の圧倒的ホワイト企業」とされているが、これは誤り。労働時間を半間一般的に適切な水準に管理・監督するための組織や仕組みが存在し、他ファームと比べるとかけるホワイトではあるが、ケースによっては数日徹夜ということも存在するため、「圧倒的にホワイト」とは言い難い。ただし、比較的ホワイトなのは間違いない。

(ベイン・アンド・カンパニーのopenworkより)

ベイン・アンド・カンパニー 求人情報

ベイン・アンド・カンパニーでは、多様な背景を持つ候補者からの応募を歓迎し、包括的な採用プロセスを通じて新たな才能を求めています2

ベイン・アンド・カンパニー中途採用サイトトップページ画像

引用:ベイン・アンド・カンパニー 中途採用サイト

募集中の職種
  • アソシエイトコンサルタント

    ベインのアソシエイトコンサルタントとして、分析力、対人関係力、創造的思考力、ビジネス管理力、リーダーシップ力が求められます。クライアントに強力な分析と事実を提供し、変化を促します。多岐にわたる業務をこなし、顧客や競合他社へのインタビューを実施し、戦略的な推奨事項の基礎を築きます。

  • 詳細はこちら

  • コンサルト

    ベインのコンサルタントとして、分析力、対人関係力、創造的思考力、ビジネスマネジメント、リーダーシップが求められます。クライアントの組織と業界を調査し、課題を洗い出し、戦略的提言を実施します。また、後輩チームメンバーのメンターも担当し、影響力のある人脈とグローバルトレーニングを通じてキャリアを発展させます。

  • 詳細はこちら

  • シニアマネージャー

    シニアマネージャーとして、複雑なビジネス問題に取り組み、クライアントと緊密に連携して価値創造を推進します。チームを指導し、分析、設計、実装を担当。クライアントへのプレゼンテーションや、ケースチームメンバーの育成、企業構築イニシアチブへの貢献も期待されます。

  • 詳細はこちら

  • サマーアソシエイト

    シニアマネージャーとして、複雑なビジネス問題に取り組み、クライアントと緊密に連携して価値創造を推進します。チームを指導し、分析、設計、実装を担当。クライアントへのプレゼンテーションや、ケースチームメンバーの育成、企業構築イニシアチブへの貢献も期待されます。

  • 詳細はこちら

ベイン・アンド・カンパニーの選考プロセス

ベイン・アンド・カンパニーの選考プロセスは、書類選考から始まります。候補者は履歴書とカバーレターを提出し、その経歴とスキルが初期評価されます。次に、オンライン評価が行われ、能力試験や性格診断テストを通じて、論理的思考能力や問題解決スキルが測定されます。最終的に、ケースインタビューが実施されます。ここでは、実際のビジネスシナリオを用いたケーススタディを解決することで、候補者の分析力とクリエイティブな思考が試されます。

ベイン・アンド・カンパニー 選考プロセス
  1. 書類選考:履歴書およびカバーレターの提出を通じて、候補者の経歴とスキルが初期評価されます。
  2. オンライン評価:能力試験や性格診断テストを含む、オンラインでの評価が行われます。これにより、候補者の論理的思考能力や問題解決スキルが測定されます。
  3. ケースインタビュー:実際のビジネスシナリオを用いたケーススタディを解決することで、候補者の分析力とクリエイティブな思考が試されます。
  4. パネルインタビュー:複数の面接官が参加するパネルインタビューが含まれ、候補者のプレゼンテーション能力と対人スキルが評価されます。

この厳格な選考プロセスを通じて、ベイン・アンド・カンパニーは業界をリードする才能の発掘と育成を図っています。

FAQs

Q1: ベイン・アンド・カンパニーへの転職の難易度について教えてください。

A1: ベイン・アンド・カンパニーは世界的に認知されたコンサルティングファームで、転職の難易度は比較的高いです。採用基準が厳しく、高い求人倍率のため、応募者は高いスキルと豊富な経験を持っている必要があります。

Q2: ベイン・アンド・カンパニーでは家賃補助は提供されていますか?

A2: ベイン・アンド・カンパニーでは、福利厚生の一環として家賃補助は提供されていません。

参考文献   

[1] – https://www.bain.com/ja/careers/hiring-process/tokyo/working-professional/
[2] – https://www.bain.com/ja/careers/
[3] – https://www.bain.com/ja/careers/hiring-process/tokyo/
[4] – https://www.bain.com/ja/
[5] – https://www.bain.com/ja/about-bain/
[6] – https://www.bain.com/ja/careers/work-with-us/our-work-areas/management-consulting/
[7] – https://www.bain.com/ja/careers/life-at-bain/supporting-your-growth/
[8] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bain/description.html
[9] – https://www.bain.com/ja/about-bain/media-center/press-releases/japan/2022/press-release-20220120/
[10] – https://www.bain.com/ja/about-bain/what-we-do/
[11] – https://gaishishukatsu.com/company/2
[12] – https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC
[13] – https://www.bain.com/ja/careers/hiring-process/
[14] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bain.html
[15] – https://www.bain.com/ja/industries/financial-services/
[16] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bain/service.html
[17] – https://www.bain.com/ja/about-bain/media-center/bain-in-the-news/japan/2020/one-career-0521/
[18] – https://factlogic.jp/selection-of-bain/
[19] – https://www.movin.co.jp/gyoukai/firmlist/strategy/bain/careerpath.html
[20] – https://www.bain.com/ja/careers/hiring-process/what-to-expect/
[21] – https://unistyleinc.com/techniques/531
[22] – https://factlogic.jp/interview-of-bain/
[23] – https://intelli-gorilla.com/media/920
[24] – https://jprocareer.co.jp/consulting/baincompany/